国語の勉強法(1)3つの土台


このページでは小学生が国語の成績を上げるのに最も有効な【問題集の習得法(インストールとリーズニング)・要約・読書百遍法】の3つについて書いていきます。

【国語の成績を速やかに上げる勉強法(1)】

国語は「語彙力、文法力、論理的思考力、要約力、共感力、速読力」など、いろいろな能力が関わっている上、選択肢問題・記述問題、物語文・論説文・随筆文によっても、読み方、解き方が異なるため、「これ一つやれば成績が上がる」という単純な科目ではありません。

よって、個々人のネックを見極め、それを補っていくことが必要になります。

このページでは国語の成績を上げるのに最も有効な【問題集の習得法・要約・読書百遍法】の3つについて書いていきます。

1.国語問題集の本当の習得法

1.1.「インストール」を身に付ければ国語の成績は劇的に上がる

 (1)インストールしないからあなたの国語の成績は上がらない

国語問題集を習得し、成績を上げるためには、「インストールとリーズニング」という2つの勉強法を身に付けることが絶対に必要です。「インストールとリーズニング」を実践しないから、国語の問題をいくらたくさん解いても、国語の成績がなかなか上がらないのです。

「インストールとリーズニングをしない勉強法」とはどういう勉強法かというと、「問題を解き、自己採点をする。間違えた場合、解説を読んで納得したら、解き直さずに次へ。答えを覚えているので復習はしない」というものです。

それに対して、「インストールとリーズニングをする勉強法」とはどういう勉強法かというと、論理的な解き方が書かれた良質の問題集を用いて、「問題を解くとき、根拠を指摘しながら解く(リーズニング)。自己採点をし、間違えた場合、解答の根拠を確認し、納得したら、正解を導くプロセスと根拠を覚え(インストール)、すぐに解き直す。その論理的な解き方を再現して解答するよう努め、最終的にきちんと再現できるまで解き直す。」そして「その論理的な解き方を自力でスムーズに再現できるまで問題集を5回前後復習する」というものです。

「インストールとリーズニング」をすれば、あなたの「解き方(解くときの考え方)」が進歩するので成績が上がり、「インストールとリーズニング」をしなければあなたの解き方が変わらないので、成績は上がらないのです。

 (2)インストールとは

インストールとは、良質の問題集の解説に書かれた「問題文の読み方」と「問題の解き方」を理解し、記憶し、再現することで「問題集の通りに論理的に考え、解けるようにする方法」です。

国語では、「問題文を論理的に読み、問題を論理的に解く方法」を習得するのにインストールを使います。

実は、インストールは算数・数学では、優秀な人はみんなやっている方法です。それは、「問題を解き、間違えたときは、解答解説を理解し、解き方を覚え、再度解いてその解答を再現しようとし、再現できるまで解き直す」という方法です。

当たり前ですよね? 

これを国語でもやれば、優秀な問題集の著者の思考方法・問題の解き方の通り、自分でも解けるようになるのです。

 (3)インストールの具体的方法

具体的には、インストールを使って「国語の問題を論理的に解く技術」を習得するには、以下のようにします。

すなわち、
「論理的な解き方を解説した、良質の問題集」を用いて、
問題集に書かれた、「問題を論理的に解くプロセス(解法、解き方)」を理解し、記憶し(インストールし)、直後に再度解いて、そのプロセスを再現するよう努め、更に5回前後復習し、そのたびに筆者の「論理的な解き方」をインストールし再現するよう努めます。そして、最終的に、ほぼ正確に再現できたらその問題はマスターしたことになります。

そうして10問、30問、50問と再現し続けていくうちに、「論理的な解き方」がどんどんあなたの頭に取り込まれ(インストールされ)、やがては、初見の問題でも、自力で論理的に解けるようになります。

どのくらいの練習量でそうなるかは個人差がありますが、だいたい、5冊(50問)前後です。
数学で「数学的に正しい解き方」ができるようになるには、数百問必要になることを考えたら、これはそれほど多いわけではないと分かるでしょう。

以上は、「国語の問題を論理的に解く技術」を習得する際のインストールの勉強例です。

 (4)インストール例:要約、算数・数学

一方、「要約の技術」をインストールしたい場合は以下のようにします。
「要約マニュアルと要約解答が書かれた問題集」を用い、「その要約マニュアルを覚え(インストールし)、問題文を要約し、解説を読み、間違えた場合、その解説を理解し、間違えた部分を記憶し(インストールし)、再度要約し、正しい要約のプロセスを経て要約が『再現』できるまで繰り返す。そうして、10問、20問と要約を続け、また5回前後復習を繰り返し、問題集の解説通りに要約が再現できるようにトレーニングする」。

算数・数学の場合は、インストールは以下のようにします。
「問題を解き、間違えたら、解答解説を読み、間違えた部分に納得したらそれを記憶し(インストールし)、すぐに再度解いて、自力で解けるまで繰り返す。それを問題集1冊繰り返す。1回だけではインストールした内容を忘れるので、自力で全問スラスラ解けるまで5回前後復習する。」
算数・数学の場合は、得意な人はみんなインストールしています。インストールするのは常識です。しかし、国語でインストールしている人はほとんどいません。それが「国語は成績が上がらない科目だ」と言われる所以なのです。

1.2.リーズニング(理由づけ)を続ければ確実に国語の成績は上がる

リーズニングとは、「解答の根拠を探し、言う(書く)」という勉強法のことです。

国語の問題はほぼ必ず、「問題文」に根拠があります。自分の意見や常識を根拠に答えたら、間違ってしまいます。よって、解答するときに、問題文のどこに根拠があるかを指摘するトレーニングを続けると、根拠を探すのが上手く速く正確になり、正答率が上がるのです。

リーズニングを国語や英語で使う際には、例えば、選択肢問題で、正しいと判断した根拠、間違いと判断した「根拠を言う(書く)練習」をしていきます。これよって、根拠を探す習慣を身に付けることができ、リーズニングを続けることで、すぐに根拠を見つけられるようになります。その結果、根拠を持って答えられるようになるので、正解率も上がるし、自信も付きます。

リーズニングは大変重要な勉強法です。これを国語で習慣化すると国語の正答率が上がります。また、国語で習慣化できれば、英語や社会などでもすぐに習慣化でき、正答率が上がります。ですので、特に選択肢問題で、どの問題でもリーズニングをして習慣化しましょう。

2.要約力を身に付ければ国語の成績は上がる

要約は、必要十分な数の適切な「キーワードとキーセンテンス(重要な部分)」を論理的につなげば書けます。

要約をすることで、重要な部分(=キーワードとキーセンテンス)と重要でない部分の区別が付くようになり、その重要な部分が問題に出るので、正答率が上がります。

また、記述力、読解力(文章内容をより深く理解する能力)、論理的読解力(文章構成・重要部分・主張を把握する能力)も上がります。

すなわち、国語の成績が上がります。

要約の具体的なやり方については【要約マニュアル】で書いています。オススメの要約問題集は以下の通り。

「国語の読みテクトレーニング 説明文・論説文」(文芸社)

3.読解力を培う30回音読と語彙集暗記

3.1.読解力とは

読解力とは、文章を読んだときに、どの程度深く理解できるかという理解力のことです。読解力は国語力の土台であり、難しい問題になればなるほど読解力が問われます。

よく、塾のテキストや志望校の過去問の国語の問題文を読んで「意味が分からない」と言う人がいますが、意味が分からなければ問題が解けるはずがありません。

こういう人はぜひ、以下の方法で読解力を培っていただければと思います。

3.2.読解力を培う30回音読

読解力を培う現実的な方法は2つあり、それは30回音読と語彙集の暗記です。

30回音読とは、塾の問題集や模試、過去問などの3ページ前後の問題文を毎週1つ、毎日10分、30回前後読んでいく勉強法です。

【1文章を1日10分4~5回×7日⇒約30回】

1文章を30回も読むと、当然、文章の理解度がどんどん深くなり、著者の意図、文章構成、キーワードやキーセンテンスなどが分かっていきます。文章もある程度覚えます。

そしてそれを30文章、50文章と増やしていきます。30~50文章読むと、初見の文章でも理解度がどんどん上がっていきます。まずは50文章が目標です。

【毎週1文章を30回音読×1年で50文章⇒2年で100文章】

地道に毎日10分音読していきましょう。

3.3.読解力を培う語彙集暗記

一つの問題文も、一つ一つの言葉から成り立っています。よって、意味が分からい言葉が多ければ、文章の意味も分からなくなります。

偏差値が55以下の小学生のほとんどは語彙力不足(意味が分からない言葉が多い)です。そして、語彙力を培う方法は、読書、30回音読、語彙集の暗記です。

よって、30回音読と共に、語彙集を地道に一冊、暗記していきましょう。

30回音読と語彙集暗記について、詳しくは読解力を上げる30回音読】で解説しています。

【体験談】

「教えていただいた勉強法は息子の一生の宝になります」

Eさん、小学6年、東京都、海城中学校(偏差値64の難関中学)合格

おかげさまで海城中学校に合格しました。1年間ありがとうございました。
創賢塾で息子が教えていただいたのは、全教科の勉強法と国語でした。国語が何ともならなかったので、国語を教えていただくつもりで始めたのですが、結果的に勉強法も劇的に役立ちました。
国語については、創賢塾は問題集の習得の仕方が独特で、とても驚かされました。最初のスカイプ体験授業で、「国語の問題集の進め方と算数の問題集の進め方は同じ」「国語も算数も、『解くときの考え方』を変えないと身に付かない」「国語は論理的思考方法に、算数は算数的な論理的思考方法に変える必要がある」「そのためには、キーワードと主張を探し、問題集に書かれた解き方を記憶して自分でも再現する必要がある」などと教えられ、言われることに全て納得させられました。ここまで論理的に国語の成績の上げ方を説明されたのは初めてで、とても腑に落ちました。

それで、息子にも「国語問題集の習得法」を納得させた上で、何度も何度も、授業の時には先生から、自習の時も私が口を酸っぱくして、キーワードと主張を探すこと、解説を記憶して再現するように言い続けました。息子も頭では分かっていたようですが、実際にやってみると、何を記憶するか分からない、キーワードがわからない、主張が見つけられない、という状態で、私もわからなかったので、苦労しました。論理的思考を身に付けるのも簡単ではないなと(^.^; 思いましたが、一方で、何が問題かを本人も私も分かってきたので、希望を持つことができました。今までは何をすれば国語の成績を上げられるか見当も付きませんでしたが、創賢塾で初めてキーワードや主張を見つければいいということがわかってきました。

そうこうして悪戦苦闘するうちに、3~4ヶ月でキーワードなどを見つけるのもだんだんできだして、模試でも上昇の兆しが見え始めました。偏差値で言うと50を超えることはなかったのが、53くらいに上がりました。半年たつと問題の解き方も様になってきて、キーワードと主張を探しながら読めるようになり、解き方も問題集のやり方に慣れていきました。

結局、12月の模試では過去最高の偏差値64が取れ、合格圏内に入り、先日、無事合格を頂きました。教えていただいた勉強法は息子の一生の宝になると思います。ありがとうございました。

「国語の勉強法が良い意味でマニュアル化されているのが心強かった」

Oさん、小学6年、沖縄県、昭和薬科大附属中学(沖縄のトップ校)合格

うちの娘は医者志望で、沖縄では昭和薬科大附属中学の一択です。それで、どうしても合格したかったので、通っていたO塾とは別に、創賢塾で勉強法を教えていただきました。どうしてかというと、塾の勉強法、特に国語の勉強法に今ひとつ信頼が持てなかったからです。O塾の国語講師に国語の勉強法、成績の上げ方、論理的に考えられるようにする勉強法について質問しても、確かな答えはありませんでした。

一方、創賢塾のサイトには国語勉強法についてのしっかりした解説があり、無料体験でお話ししても、信頼できると思い、入塾しました。

物語文の解き方、論説文の解き方など、問題タイプによって解き方が違い、それが良い意味でマニュアル化されているのが心強く、そばで先生の解説を聞いていても、論理的で納得できるものでした。効果は3ヶ月ほどで現れ、記述問題で取れる点数も増えていき、国語の偏差値は60を超えました。それまでは55前後を行ったり来たりでしたから、上々でした。

受験当日は国語と算数は思った以上に解けたと言って喜んでいました。
医学部合格まで、創賢塾で習った勉強法を活かしたいと思います。ありがとうございました。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 現代文の超効率的勉強法 小論文の超効率的勉強法 古文の超効率的勉強法 漢文の超効率的勉強法 日本史の超効率的暗記法 世界史の超効率的暗記法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法