歴史・地理・公民の勉強法


このページでは、高校入試の際の歴史・地理・公民の具体的勉強法について書いていきます。

1.歴史の勉強法

1.1.歴史は流れを暗記する

歴史では、「流れ」と用語(人名・事件名・年号)が問われるので、両方を暗記する必要があります。

「流れ」とは、因果関係のことです。応仁の乱は何が原因で起こり、誰が主な関係者で、どういう経過をたどり、どういう結果になったか。そして、後世にどういう影響を与えたか。これらをサラサラと言えるようになったら、「流れを暗記している」と言えます。

流れは「高校入試 実力メキメキ合格ノート」や教科書を20周読めば9割暗記することができます。その後、問題集や過去問を解く中で、流れを整理していきます。

1.2.年代と用語を記憶する

用語は「高校入試 実力メキメキ合格ノート」で暗記していきます。年号は「メキメキ」や以下の年代暗記用問題集を使います。

中学すいすい暗記歴史年代」(増進堂)
中学歴史年代暗記141」(学研プラス)

1.3.並び替え問題:年号を記憶する

歴史では並び替え問題も出ます。この対策としては、「高校入試 実力メキメキ合格ノート」や教科書を何度も読んで流れを記憶し、年号を「メキメキ」や上記の問題集で確実に記憶すれば良いでしょう。

2.地理の勉強法

2.1.地理は問題集と過去問が重要

地理は問題集と過去問が重要です。なぜなら、地理はどこまで覚えたらいいか、分かりにくい科目だからです。統計や地名など、どこまで細かく覚えたら合格レベルになるのかは、志望校の過去問や受験問題集を解いて自分で確認するしかありません。

よって、「メキメキ 地理編」の赤字を暗記したら、早めに問題集や過去問を解きます。そうすると、赤字だけでよいか、太字も必要かなどが分かります。

2.図表問題

地理は図表問題(図・表・グラフ・資料の問題)が多数出ます。図表問題は「記憶」だけでは解けないものも多く、その場で考えて解く必要があります。図表を読み取り、解答するには慣れやコツが必要です。

よって、「メキメキ 地理編」の赤字を暗記したら、過去問も含め、問題をたくさん解いて慣れていきましょう。

「中学総合的研究高校入試問題集 社会資料読解」(144ページ、旺文社)
「高校入試 合格でる順 社会」(160ページ、旺文社)

以上2つは特にグラフ・資料問題が充実しています。その他、以下のような問題集もどんどん解いていきましょう。

「過去問」
「受験生の50%以下しか解けない差がつく入試問題社会」(旺文社)
「高校入試の最重要問題 社会」(159ページ、学研)
「全国高校入試問題正解 社会」(400ページ、各年度版、旺文社)

3.公民の勉強法

3.1.用語を覚える

公民では用語やその定義・意味がよく問われますから、とにかく用語を覚えていきましょう。

3.2.時事問題

公民は時事問題が出る可能性があります。志望校の過去問を見て、時事問題が出るようなら、「メキメキ 地理編、受験問題集1冊過去問を完全に終えた後、余裕があったら対策します。

対策としては、最新の過去問の時事問題を大量に解いていくか、下記のような時事問題本が役立ちます。

「全国高校入試問題正解 社会」(400ページ、各年度版、旺文社)
「重大ニュース 時事問題に強くなる本」(150ページ、学研プラス)

【終わりに】

以上が高校受験社会の歴史・地理・公民の具体的勉強法です。ここまでお読み下さり、誠にありがとうございました。お聞きになりたいこと、お問い合わせ、無料体験お申し込みは以下からお願いいたします。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の超効率的英語勉強法 高校生の5教科勉強法 高校生の超効率的数学勉強法 高校生の現代文勉強法 高校生の小論文上達法 高校生の超効率的古文勉強法 高校生の超効率的漢文勉強法 高校生の超効率的日本史記憶法 高校生の超効率的世界史記憶法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法