英語勉強法(1-4)毎週300ワード英文習得法


英語の成績を上げるのに最も役立つ勉強法の1つは「音読」であり、創賢塾では、中学生には毎週300ワードの英文を音読し、習得し、更に長期記憶に入れていってもらいます。

これを1年間続けると、「300ワード×50英文」が長期記憶に入ります。そうすれば、当然、初見の英文が前よりずっと読めるようになりますし、成績も上がります。

このページではこの勉強法について書いていきます。

1.音読する英文の量の目標

1.1.毎週300ワードの英文を習得する

創賢塾では、中学生には、毎週300ワード分の英文(≒中3英語教科書1レッスン分)を新規で習得し、それを2ヶ月以上復習して長期記憶に入れるよう指導しています(具体的音読法については【理解しながらの音読法】に書いています)。

 ※習得=スラスラ和訳でき、90%の理解度で、分速150ワード以上のスピードで音読できるようにする。
 ※90%の理解度=英語としてはほぼ完全に理解できる状態。
 ※分速150ワード=300ワードの英文を(しっかり理解しながら)2分で読めるスピード。
 ※長期記憶=数ヶ月~数年以上もつ記憶。一度暗記・習得した英単語熟語・英文などを2ヶ月以上復習したら長期記憶に入る。

そうすれば、中1で「300ワード×50英文(中3英語教科書4~5冊分)」、中1~2で「300ワード×100英文」、中1~3で「300ワード×150英文」が長期記憶に入った状態で入試を受けられます。これだけ習得している受験生は1%以下ですから、無敵の状態で入試を迎えられます。

なお、300ワードといっても、一続きの英文である必要はありません。「教科書150ワード分、英語長文問題集150ワード分」などでも構いません。

1.2.難関高校レベルの英文を読めるようにするには

中学3年生が難関国公立・私立高校の英文を初見で問題なく読めるようにするには、以下のように習得していきます。

(1)公立高校標準レベル(偏差値55~60前後):中3英語教科書・英語長文問題集・過去問・全国の公立過去問の英文で、「300ワード×30英文(中3英語教科書3冊分)」を習得し、長期記憶に入れる。

(2)難関国公立・私立高校レベル(偏差値60~70前後):上記プラス、公立独自入試・難関私立・国立高校レベルの英文で「300ワード×20英文(合計50英文)」を習得し、長期記憶に入れる。

(3)超難関私立・国立高校レベル(偏差値70以上):上記プラス、超難関私立・国立高校レベルの英文で「300ワード×30英文(合計80英文)」を習得し、長期記憶に入れる。

これは平均的な数字なので、合格を盤石にするためには入試まで増やし続けます。多ければ多いほど初見の英文がスラスラ読めるようになり、偏差値も上がり、合格可能性も上がります。

「君の英語号は空へ舞い上がれるか?」

清水かつぞー(元・駿台予備校講師、ベストセラー「英単語ピーナツ」シリーズ著者)(國弘正雄著「英語の話しかた」87ページ、たちばな出版)

わからない単語が1ページに10もあり、一つひとつ辞書を引く。そのあとで一生懸命にノートに日本語訳をでっちあげる。授業中に教師が言う訳を参考にして、自分の訳を訂正する。文法的な説明その他も全てノートする。家に帰って、少し復習して、それでおしまい。

もし君が英文解釈(引用者註:英語長文)でこのような勉強法をしていたら、残念ながら長文を何題やろうが、あまり実力はつかないだろう。残酷な話だが本当だ。それはちょうど、飛行場の滑走路をグルグル回っているジェット機のようなものだ。地面を滑走し続けるだけで、空に舞い上がることは永遠にない。……

それ(引用者註:英語の加速度を生み出すもの)は「スラスラ感」なのである。「この英文はスラスラわかるぞ!」という感じなのである。そうなのだ。英文解釈の勉強とは、スラスラわかる英文を1つずつ作り上げていくことなのだ。……

「スラスラ感」を味わうためには、地道に音読を繰り返すという復習が欠かせない。ほとんどの生徒がそこから逃げようとする。いや、そのことに気づきもしない。教師もその必要性を教えない。……

ところが、たった3題の長文でも、君が日本語を読むときの「スラスラ感」の半分くらいを英語でも感じることができれば、飛躍の可能性が生まれてくる。最初から量を焦ってはいけない。「スラスラ感」さえ獲得すれば、量はあとから、あっという間についてくる。……大学入試の長文読解は、最高レベルの生徒でもせいぜい100題だ。

■質問1 どんな英文を対象にするのですか。高校の教科書でもよいのですか。

自分の志望校レベルの長文が対象です。高校の教科書でももちろん結構です。生徒さんは、入試問題ではないという理由だけで、高校のリーダーを軽く見ます。読めもしないくせに軽くみる。それは間違いです

■質問2 何回くらい音読するとスラスラ感が味わえますか。

100回くらいと言いたいのですが、まあ50回というところが、受験勉強としての現実的な数字でしょう。最初の2,3題は3桁の回数(引用者註:100回以上)になるかもしれません。

■質問3 実際に100題やれた生徒はいますか。

私の知っている範囲ではおりません。最高で75題です。

■質問4 一番少ない人で何題くらいですか。

10題程度で大学生になった人もかなりおります。15題で上智に合格した人もいる

ここで「15題」というのは「志望校(上智大学)レベルの長文」が15題ということであり、その前に当然、高1~3年の英語長文教科書、センター試験・共通テストレベル~上智レベルの英語長文を「(30~50英文)×(50~100回音読)」して習得しておく必要があります。

2.英文のリスト化

創賢塾では、毎週300ワードの英文を増やしていくだけでなく、それを2ヶ月以上復習して長期記憶に入れていってもらいます。1週間頑張って習得しても、復習しなければどんどん忘れて、やった意味が無くなるからです。

そして、そうやって音読を続けていったら、10週間で10英文になります。このくらいになると、自分の頭で復習を管理することができなくなります。

10以上の英文のうち、「どの英文を・次に・いつ復習するか」を、漏れなく把握するには、以下のように英文をルーズリーフにリスト化するのがオススメです。

【3年英語教科書レッスン3(約340W)|6/21、90%にした(T35回)|6/28、今週15回音読(T50回)|7/3、今週15回音読(T65回)……】

ルーズリーフに縦線を引き、左に教材名、右に復習した日付、回数、トータル音読数などを書いていきます。「340W」とは「340ワード」、「T50回」とは「トータル50回音読」という意味です。

ルーズリーフを見て、前回音読したときから1週間以内に音読します。

リスト化することで、どの英文をいつ復習したか、いつ復習するべきか、が一目で分かります。

3.初見の英文を読めるようにする勉強法

以下のように勉強すれば、高校受験レベルの初見の英文が読めるようになります。

(1)英語長文:中学2~3年英語教科書や高校受験用英語長文問題集・過去問などを、毎週300ワードを習得していき、「300ワード×30英文以上」を習得し長期記憶に入れる(英文数は高校のレベルにより異なる)。

(2)英単語:高校受験英単語帳1冊(約2000ワード)を暗記し長期記憶に入れる。

(3)英文法:高校受験用英文法問題集1冊を習得し長期記憶に入れる。

以上によって、初見の英文に出てくる英単語熟語の90%以上、英文法は95%以上が既習のものと重複するので、初見の英文を読んだときに意味が分かる部分が増えます(ただし、初見の英文の中で文法の意味が自力で分かるかは個々の応用力次第です)。

つまり、学習した英文・英文法、暗記した英単語熟語をきちんと復習して長期記憶に入れたら、初見の英文も読めるようになるということです。

なお、長期記憶に入れるには、2ヶ月以上の復習が必要です。よって、創賢塾の勉強法指導では、全科目、学習した内容の大部分を、2ヶ月以上復習してもらいます。

【終わりに】

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。音読はあなたの英語の成績を飛躍的に上げます。ぜひ実践してみてください。

この文章が皆様の英語力アップに役立てば幸いです。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 現代文の超効率的勉強法 小論文の超効率的勉強法 古文の超効率的勉強法 漢文の超効率的勉強法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法 日本史の超効率的勉強法 世界史の超効率的勉強法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 国語の超効率的勉強法 古文・漢文の超効率的勉強法 作文・意見文の最速上達法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法