現代文の成績を劇的に上げる勉強法(1)


このページでは高校生が現代文の成績を上げるのに最も有効な【問題集の習得法(インストールとリーズニング)・要約・読書百遍法】の3つについて書いていきます。

【現代文の成績を劇的に上げる勉強法(1)】

現代文には「語彙力、文法力、論理的思考力、要約力、共感力、速読力」など、いろいろな能力が関わっている上、選択肢問題・記述問題、評論文・小説によっても、読み方、解き方が異なるため、「これ一つやれば成績が上がる」という単純な科目ではありません。よって、個々人のネックを見極め、それを補っていくことが必要になります。

このページでは現代文の成績を上げるのに最も有効な【問題集の習得法・要約・読書百遍法】の3つについて書いていきます。

1.現代文問題集の本当の習得法(インストールとリーズニング)

1.1.インストール

 (1)インストールとリーズニングをしないからあなたの現代文の成績は上がらない

現代文問題集を習得し、成績を上げるためには、「インストールとリーズニング」という2つの勉強法を身に付けることがとても役立ちます。「インストールとリーズニング」を実践しないから、現代文の問題をいくらたくさん解いても、成績がなかなか上がらないのです。

「インストールとリーズニングをしない勉強法」とはどういう勉強法かというと、「問題を解き、自己採点をする。間違えた場合、解説を読んで納得したら、解き直さずに次へ。答えを覚えているので復習はしない」というものです。

 (2)インストールとリーズニングを使った現代文勉強法

それに対して、「インストールとリーズニングを使った勉強法」とはどういう勉強法かというと、論理的な解き方が書かれた良質の問題集を用いて、以下のようにします。

「問題を解くとき、根拠を指摘しながら解く(リーズニング)。自己採点をし、間違えた場合、解答の根拠を確認し、納得したら、正解を導くプロセスと根拠を覚え(インストール)、すぐに解き直す。その論理的な解き方を再現して解答するよう努め、最終的にきちんと再現できるまで解き直す」。そして「その論理的な解き方を自力でスムーズに再現できるまで問題集を5回前後復習する」。

そうして10問、30問、50問と再現し続けていくうちに、「論理的な解き方」がどんどんあなたの頭に取り込まれ(インストールされ)、やがては、初見の問題でも、自力で論理的に解けるようになります。

どのくらいの練習量でそうなるかは個人差がありますが、だいたい、5冊(50問)前後です。数学で「数学的に正しい解き方」ができるようになるには、数百問必要になることを考えたら、これはそれほど多いわけではないと分かるでしょう。

「インストールとリーズニング」をすれば、あなたの「解き方(解くときの考え方)」が進歩するので成績が上がり、「インストールとリーズニング」をしなければあなたの解き方が変わらないので、成績は上がらないのです。

 (3)インストールとは

インストールとは、良質の問題集に書かれた「優れた問題の解き方」を理解し、記憶し、「再現」することで「問題集の解説の通りに考え、解けるようにする方法」です。

現代文では、「問題文を論理的解く方法」や要約方法を習得するためにインストールを使います。

 (4)数学ではインストールは常識

実は、インストールは数学では、優秀な人はみんなやっている方法です。それは、「問題を解き、間違えたときは、解答解説を理解し、解き方を覚える。そして再度解いてその解答を再現しようとし、再現できるまで解き直す」という方法です。

当たり前ですよね? 

数学の場合は、得意な人はみんなインストールしています。インストールするのは常識です。

しかし、現代文でインストールしている人はほとんどいません。それが「現代文は成績が上がらない科目」と言われる所以なのです。インストールを現代文でもやれば、優秀な問題集の著者の解き方の通り自分でも解けるようになります。

 (5)インストール例:要約

インストールは「論理的な解き方」だけではなく、いろいろな場面で使えます。例えば、「要約の技術」をインストールしたい場合は以下のようにします。

「要約の方法と要約解答が書かれた問題集」を用い、「その要約方法を覚え(インストールし)、問題文を要約する。解説を読み、間違えた場合、その解説を理解し、間違えた部分を記憶する(インストールする)。そして再度要約し、正しい要約のプロセスを経て要約が『再現』できるまで繰り返す。そうして、10問、20問と要約を続け、また5回前後復習を繰り返し、問題集の解説通りに要約が再現できるようにトレーニングする」。

1.2.リーズニング

リーズニングとは、「解答の根拠を探し、言う(書く)」という勉強法のことです。

現代文の問題はほぼ必ず、「問題文」に根拠があります。自分の意見や常識を根拠に答えたら、間違ってしまいます。よって、解答するときに、何となく答えるのではなく、問題文のどこに根拠があるかを指摘するトレーニングを続けると、根拠を探すのが上手く速く正確になり、正答率が上がります。

リーズニングを現代文や英語で使う際には、例えば、選択肢問題で、「正しいと判断した根拠、間違いと判断した根拠を言う(書く)練習」をしていきます。これよって、根拠を探す習慣を身に付けることができ、リーズニングを続けることで、すぐに根拠を見つけられるようになります。その結果、根拠を持って答えられるようになるので、正解率も上がるし、自信も付きます。

リーズニングは大変重要な勉強法です。これを現代文で習慣化すると、英語や社会などでも根拠を探し指摘する習慣ができ、正答率が上がります。ですので、特に選択肢問題で、どの問題でもリーズニングをして習慣化しましょう。

2.要約力を身に付ければ現代文の成績は上がる

要約は、キーワードとキーセンテンスを論理的につなげば書けます。

そして、キーワードとキーセンテンスは文章の要なので、要約が上手にできれば、話の要点や筋道が分かります。また、そういう要点こそが問題として出されるので、要約ができれば現代文の成績は上がります。また、小論文では、課題文を要約させてから意見を書かせるという形式が主流ですから、小論文入試にも直接役立ちます。

要約の具体的なやり方については【要約の方法】で書いています。

◎要約問題集
「現代文の読みテクトレーニング 説明文・論説文」(文芸社)
「現代文読解力の開発講座」(駿台)

3.読書百遍法で「根本的理解力」が上がる

3.1.根本的理解力とは

「根本的理解力」とは、文章を読んだときに、どの程度深く理解でき、本質的な理解に近づけるかという理解力のことです。

この「根本的理解力」が、結局は国語力(現代文力)の土台になっており、難しい問題になればなるほど、「根本的理解力」が問われます。

また、一流高校・大学・大学院や企業・官庁では、当然、深い理解力のある頭の良い人材が欲しいわけですから、「根本的理解力」を試す小論文などの問題を出し、「根本的理解力」のある人材を合格させようとしています。「根本的理解力」はそれほど重要なのです。

3.2.読書百遍法とは

「根本的な理解力」を培うには、大量の読書や多様な人生経験、そしてそれに対する深い思索が役立ちます。しかし、受験が近い場合、読書を悠長にしている時間も、人生経験をしている時間もなかなかありません。その場合、根本的理解力を短期間で急激に上げる方法があります。

それが「読書百遍法」です。

読書百遍、意自ずから通ず」という故事成語がありますが、これは「難解な文章も、繰り返し読めば意味が自然に分かってくる」という意味です。
現代人でこのような読書法をしている人はほとんどいないと思いますが、これは実際に役に立つ勉強法です。同じ文章を何度も何度も読んでいると、意味が本当にだんだん分かってきます。

私は、生徒に読書百遍法を薦め、実践してもらっています。確かな効果がある読書法だと保証します。

昔の人の智慧は侮れません。ぜひ読書百遍法を試してみてください。

3.3.何を、どうやって読んだらよいか

当塾で指導する「読書百遍法」では、例えば
大学受験生なら現代文問題集やセンター試験現代文過去問から、
高校受験生なら国語問題集や志望校国語過去問から、
あるいは現代文・国語教科書から、
自分の実力に合った問題文を選び、1文1文、以下のようにして読んでいきます。

【(1文を1日5回×10日)×30文】

1文を30~50回読むと、当然、文章の理解度がどんどん深くなり、著者の意図、文章構成、キーワードやキーセンテンスなどが分かっていきます。文章も覚えます。
50回前後読んで、「十分わかった」と思ったら次の文へ行きます。国語力が極端に低いと自覚している人や偏差値40以下の人は、50回といわず、80回、100回と読んでください。

そして「50回×30文」ほど読んでいったら、途中で現代文(現代文)の成績が急に伸びていきます。初見の文章でも文章理解度がどんどん高まります。これは「量が質に転化する」例です。

読書百遍法の効果は体験した人でないと分かりません。

ぜひ1日30~60分、3ヶ月続けてみてください。全く違った読解力が手に入ります。

「ちくま評論入門」(筑摩書房)
「出口小論文講義の実況中継2」(語学春秋社)

【体験談】

「生まれて初めて国語の成績を上げる勉強法に出会えた」

Oさん、高2,和歌山県

高校に入学してから、現代文では底辺の点数をとり続けていました。模試でも定期テストでも偏差値が45を超えることはなく、非常に焦っていました。ただ、誰に聞いても、どうすれば現代文の成績を上げられるかを教えてくれる人はいませんでした。

創賢塾では始め、数学と英語を教えてもらっていましたが、定期テストでの現代文のみじめな成績を言うと、現代文も数学と同じように勉強すれば成績は上がると言われ、やってみることにしました。週2~3問の新規の問題、週3問の復習を半年前から続け、少しずつですが勉強法の解き方が身に付いてきたように思います。

今回の定期テストではなぜか90点が取れてしまい、偏差値も60と上出来でした。模試でも前回58でした。この調子で上がっていってくれればと祈るような気持ちです。

生まれて初めて国語の成績を上げる勉強法に出会えました。ありがとうございました。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の超効率的英語勉強法 高校生の5教科勉強法 高校生の超効率的数学勉強法 高校生の現代文勉強法 高校生の小論文上達法 高校生の超効率的古文勉強法 高校生の超効率的漢文勉強法 高校生の超効率的日本史記憶法 高校生の超効率的世界史記憶法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法