英単語(1)英単語暗記法


このページでは、英語教科書や英単語帳の英単語を、単体で(フレーズや英文中でなく、「英単語|日本語訳」のような形式で)暗記する方法、そして暗記した英単語全てを長期記憶(数ヶ月~数年以上もつ記憶)に入れる復習法を書いていきます。

これを読んで英単語暗記を「毎日30分×1年間」続ければ、あなたも年2400英単語を確実に長期記憶に入れられます。

さらに、この暗記法を中1から中3まで、毎日30分続ければ、難関大学合格レベルの7000英単語を3年間で暗記することも、実際に可能です。続ければ、ですが。

1.クイック・レスポンス法とは

1.1.クイック・レスポンス法とは

創賢塾では100英単語を「1日30分×7日間(合計3.5時間)」で記憶できる方法を教えています。これは英語通訳も使っている現実的な暗記法であるクイック・レスポンス法を、長期記憶に入れられるように改良した暗記法です。

クイック・レスポンス法なら、100英単語を「毎日30分×7日」で、300英単語を「毎日90分×7日」or「毎日30分×3週間」で暗記できます。50英単語なら毎日15分です。

1.2.クイック・レスポンス法の目標

(1)第一目標:見出し語(英単語)を見て日本語の意味を全て即答できるようにする。

 例えば、3~4つ意味が書いてあったら全て即答できるようにします。

(3)第二目標:「日本語訳⇒英単語」を言えるようにし、スペルを書けるようにする。

 高校受験では、スペルを書く必要があるのは英作文くらいで、点数比率的には10~15%前後ですから、スペル暗記は後回しにします。

2.クイック・レスポンス法

2.1.クイック・レスポンス法

ここでは教科書などの100英単語を1週間で暗記する方法を書きます。

【クイック・レスポンス法】

(1)テスト:単語リストの中に意味を知っている英単語がある場合は、最初に「英単語⇒日本語訳」のテストをして、「即答」できなかった英単語、日本語訳で言えなかった意味がある英単語にはすべて印を付け、暗記します。ほぼ全て知らない場合はテストは飛ばします。

(2)クイック・レスポンス法【「英単語⇒日本語訳」×「スラスラ言えるまで1~5回音読」×100英単語×6周(30分)×7日】

 速く正確に読みます。日本語訳は(似た意味の語義は1つにして)すべて覚えます。

(3)4日目から毎日テスト:「英単語⇒日本語訳」のテストをし、語義を全て即答できた英単語は外します。そして残りの英単語を、時間を減らさずに30分暗記します。ただし、上限10周にします(例えば、残り20ワードになって、10周して8分であれば30分は続けず、10周で終える)。

 4日目から毎日全英単語をテストします。つまり、4日目に外した英単語も含めて5日目に全部テストします。今日即答できた英単語でも、翌日即答できるとは限らないからです。

(4)中期記憶:6日で90%、7日でほぼ100%暗記できますが、これはまだ浅い中期記憶(数週間~数ヶ月もつ記憶)にしか入っておらず、1~2ヶ月経ったら徐々に忘れていきます。

 よって以下の自作英単語ノートなどで2ヶ月以上復習を続け、長期記憶(数ヶ月~数年以上もつ記憶)に入れていきます。

(5)覚えにくい英単語を自作英単語ノートにまとめる:100ワードのうち、どうしても覚えにくい英単語が5~15%前後あります。それを7日目に自作英単語ノートにまとめ、書いた日から毎日復習します。

 暗記法は上記クイック・レスポンス法です。完全に暗記するまで何日でも暗記を続けます。3日に1回程度テストし、即答できた英単語は外します。

2.2.「日本語訳⇒英単語」を暗記したい場合

4日目から、6周のうち、「英単語⇒日本語訳」を3周、「日本語訳⇒英単語」を3周にします。

2.3.英単語の綴りの暗記法

綴りも暗記したい場合、7日で音読で暗記した後、綴りを以下のように暗記します。

【「テスト(日本語訳⇒英単語を書く)⇒書けなかった英単語を5~10回前後書いていったん暗記」×7日】

毎日テストし、書けなかった英単語を暗記します。

1~2日書いて暗記したと思っても、短期記憶にしか入っていないので、数週間後には数割忘れてしまいます。7日間書き、中期記憶に入れましょう。

そしてその後も「週末に1回×2ヶ月以上」復習し、長期記憶(数ヶ月~数年以上もつ記憶)に入れます。

2.4.姿勢を変えると続きやすい

机の前に座って英単語を音読で暗記しているとストレスがたまりやすく、15分以上続きにくい人も多い。

その場合は、立ったり、歩いたりして姿勢を変えると良い。

一番オススメなのは、直径1メートルくらいの円周を5~8秒かけてゆっくり歩くことです。これでストレスが溜まりにくく、疲れず、集中が続きます。

2.5.英単語暗記に1日2時間使えれば週400英単語でも暗記できる

ちなみに、このクイック・レスポンス法だと、1日何セットでも暗記可能なので、例えば夏休みに、「1日2時間(4セット400英単語)×7日間」のようにすれば1週間で400英単語でも暗記できます。5週間だと2000英単語を実際に暗記できます。

つまり、夏休みだけで、高校入試に必要な英単語のほとんどを暗記することも可能です。

ただし、上にも書いたように単語単体だと忘れやすいので、いったん暗記してからも復習を地道に徹底的にする必要があります。

3.長期記憶に入れる復習法

クイック・レスポンス法で中期記憶(数週間~数ヶ月もつ記憶)に入れた記憶を長期記憶(数ヶ月~数年以上もつ記憶)に入れるためには、暗記した翌週から以下のように2ヶ月以上復習します。

【長期記憶に入れる英単語の復習法】

(1)自作英単語ノートで覚える:覚えにくく忘れやすい英単語をまとめた自作英単語ノートを、暗記できるまで3~20日前後、毎日暗記します。そうすればどんなに暗記しにくい英単語でも暗記できます。

 途中、3日に1回などテストして、完全に暗記した英単語は外していきます。

(2)既習部分の復習:毎週新規で100英単語など暗記しながら、平行して復習をしていき、忘却を防ぎます。

 具体的には、既習箇所を毎週1周テストして、即答できなかった英単語を自作英単語ノートに追加し、クイック・レスポンス法で暗記します。

 例えば、8週間目で700英単語を復習する場合は、毎日100英単語をテストすれば週1周できますので、以下のようにします。

【毎日100英単語をテスト⇒即答できなかった英単語を自作英単語ノートに追加⇒自作英単語ノートは毎日全部をクイック・レスポンス法で暗記】

 自作英単語ノートの全部と言っても、即答できる英単語は外すので、実際はそれほど多くなりません。

(3)英語教科書の英単語をテスト後も復習する:英語教科書の英単語を定期テスト後に復習する人はほとんどいません。しかし、それでは覚えた英単語をどんどん忘れていき、蓄積していきません。こういう勉強法を「覚えては忘れ、覚えては忘れる勉強法」と創賢塾では呼んでいます。

 一方、創賢塾では、テスト後や長期休暇に必ず復習してもらいます。例えば、テスト後すぐに、今回のテスト範囲の英単語と前のテスト範囲の英単語を復習⇒次週はその前のテスト範囲を復習などします。また、夏休み・冬休み・春休みに既習範囲全てを復習し、学年が終わった段階で教科書全ての英単語を暗記している状態で進級します。

 こうやって絶えず復習することで、徐々に長期記憶に移行し、忘れなくなります。

(4)英単語帳1冊を1周終わった後、10周する:1冊を1周終わった時点で、暗記しにくい英単語はほぼ自作英単語ノートに記載され、自作英単語ノートは何十周も暗記していますから、ほぼ全部暗記していますが、まだ全部が長期記憶に入っているわけではありません。

 よって、全範囲を1~2週間で1周テストし、即答できなかった英単語を自作英単語ノートに追加し、自作英単語ノートに書いた英単語は(即答できて外した英単語を除いて)全て毎日クイック・レスポンス法で暗記します。

 例えば、英単語帳の全2000英単語を2週間で1周テストする場合、毎日約140英単語をテストします。

 そして夏休み・冬休み・春休みにも復習します。

【終わりに】

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

英単語暗記には時間がかかり、忘れやすいため、甘くありません。地道に頑張ってください。

もしあなた一人では挫折しそうなら、創賢塾にご連絡下さい。当塾のような伴走者がいたら、挫折率は大幅に下がります。お金を払ってでも、半年で2000英単語を暗記し、長期記憶に入れられれば、あなたの将来に大きな財産になるはずです。

あなたの健闘を祈ります。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 現代文の超効率的勉強法 小論文の超効率的勉強法 古文の超効率的勉強法 漢文の超効率的勉強法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法 日本史の超効率的勉強法 世界史の超効率的勉強法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 国語の超効率的勉強法 古文・漢文の超効率的勉強法 作文・意見文の最速上達法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法