中学生の定期テスト満点戦略(5)国語①定期テスト対策編


国語は他の科目と違い、定期テスト対策だけをしても満点(あるいは90点以上)を取りづらい科目です。よって、国語力自体を高める勉強も必要になります。このページから数回にわたって、中学生の国語定期テスト対策と国語力を上げる勉強の2つを書いていきます。

1.国語の二段階戦略

1.1.国語は二段階戦略が必要

国語の定期テストは、他の教科と違い、100点(あるいは90点以上)を取るのが難しい科目です。なぜなら、他の科目は、教科書や問題集を習得すれば実力がどんどん上がっていくのに対して、国語では、語彙を暗記し、文章を何度も読み、準拠問題集を解いても、文章理解度はそれほど高まらず、テストの問題を解けるようになるとは限らないからです。

また、運良く問題集と同じような問題が出て、点数が良くなっても、それは当然、実力が上がったことを意味しません。

よって、国語は二段階戦略をとる必要があります。一つは、他の教科と同じく、教科書・語彙・ワーク・問題集などを徹底的に習得する勉強、もう一つは国語の地力(国語力)を上げていく勉強です。

1.2.二段階戦略の中身

定期テスト対策用の国語の勉強は以下のようにします。満点を取りたかったら、「できることを全て」やりましょう。

【教科書10回音読+漢字・語彙等完全記憶⇒学校のワーク10周⇒予想問題集10周】

国語の地力を上げる勉強は以下のようにします。

【教科書・問題集の文章の100回音読+論理的な解き方の習得+漢字・語彙集暗記】

地力を上げる勉強法はこちらで説明します。

2.定期テスト対策:国語(現代文)満点戦略

【教科書10回音読+漢字・語彙等完全記憶⇒学校のワーク10周⇒予想問題集10周】

2.1.教科書10回音読

同じ文章を3回、5回読んだことのある人は気づいていますが、読むたびに、理解度は上がります。なぜなら、2回目以降、前半を読むときも後半に書いてあることを覚えているので、ある程度関連づけて理解することができますし、読むたびに内容について考えているので、思考が深まるからです。また、何度も読むと前後関係から言葉の意味の理解度も上がるからです。

文章理解度が上がれば、問題に答えやすくなるのは間違いありません。ですから、テスト範囲の文章は全て、5回、10回と読んでおきましょう。

2.2.漢字・語彙等の知識を完全記憶する

教科書の漢字・評論語・文法事項など、記憶すべき項目は全て暗記します。暗記するときは、記憶事項を「国語の一問一答式まとめ帳」にまとめて、記憶するのがオススメです。

まとめ帳は、ルーズリーフに、一問一答式で、「左に問題、右に答え」のようにまとめていきます。毎日10分とか、週末にまとめてこれを記憶していきます。

まとめ帳の例【所在ない|することがなくて退屈なこと。】

また、漢字ドリルなどが試験範囲の場合は、それも完全に記憶します。

2.3.学校のワーク等を即答できるようにする

学校配布のワーク・問題集・プリント・漢字ドリルなどは全て10周し、即答できるようにします。

完全に記憶するには、やはりある程度の時間は掛かりますから、テスト2週間前から始めたのでは間に合いません。日頃から暗記事項はどんどん進めて、逆に、2週間前には暗記事項は全て暗記し終わっているぐらいにしておきましょう。そうすれば、確実に高得点がとれるようになります。

2.4.定期テスト予想問題集10周

中学の各教科の教科書にはたいてい、以下のような準拠予想問題集があります。

「中学教科書ワーク」(オススメ、各教科書用がある、文理)
「中間・期末の攻略本」(オススメ、各教科書用がある、文理)
「中間・期末テストズバリよくでる」(各教科書用がある、啓林館)

これらは良くできていて、1章(課題)当たり、1~5回分の「時間制限付き予想テスト」が載っています。これを時間通りに解くことで、本番に近い緊張感で予行演習することができます。
間違えた問題を5~10回復習して即答できる状態にします。そうすれば、本番での間違いを可能な限り減らすことができます。

予想問題集は、10~14日前から始められるよう、早めに準備します。

3.学校と塾の限界

国語は特殊な科目で、定期テストの勉強を必死でしても、もともとの国語力が低ければなかなか高得点を取ることは出来ません。

また、学校の授業は「鑑賞」型で、入試問題を解くような授業はほぼありません。当然、「入試問題を論理的に解く技術」や「文章を論理的に読む技術」、「記述問題の書き方」、「論理的な作文問題の書き方」、「選択肢問題の論理的な解き方」などもは学校では教えてくれません。

よって、学校の授業は入試にはほとんど役立ちません。

では塾はと言うと、たいていの塾は、国語の指導法が確立されておらず、問題をたくさん解くばかりで、「どの問題にも通用する普遍的な解き方(例えば普遍的な要約の仕方)」や「論理的に考えて問題を解く方法」「問題文を論理的に読む方法」を教えてくれるわけでもありません。

また、そもそも、「国語の地力を引き上げる方法」も教えてくれません。せいぜい、「読書をしろ」と言うだけです。

もちろん、読書は国語力に大変重要なので、時間がある中学生はどんどん読書をすべきです。しかし、部活や塾で時間がない生徒が多いので、中学生が読書量を増やすのは容易ではありません。

以上から分かる通り、「国語の地力を引き上げて、問題を論理的に解けるようにする」のは個人の努力に掛かっています。そしてこの2つの部分を伸ばす方法を創賢塾では確立しており、教えています。

それを次のページからご説明します。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の超効率的英語勉強法 高校生の5教科勉強法 高校生の超効率的数学勉強法 高校生の現代文勉強法 高校生の小論文上達法 高校生の超効率的古文勉強法 高校生の超効率的漢文勉強法 高校生の超効率的日本史記憶法 高校生の超効率的世界史記憶法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法