国語の成績がなかなか上がらない本当の理由

1.国語の成績がなかなか上がらない本当の理由

国語は成績が最も上がりにくい科目と言われていますが、それは確かに事実です。多くの生徒が国語の問題を沢山解き、塾に行きますが、なかなか国語の成績は上がりません。

では、国語の成績はなぜ上がりにくいのでしょうか。
その理由は主に3つあります。

1.1.国語の成績を上げる方法を誰も知らないから

あなたは国語の成績を上げる方法を知っていますか。

おそらく知らないでしょう。そして、あなたの学校や塾の国語の先生も、残念ながら知らないでしょう。例えば、論理的思考力が国語には大事なことは誰でも知っていますが、しかし、「論理的思考力を身に付けなさい」と言う先生はいても、「どうやったら論理的思考力を身に付けられるか」を教えてくれる先生はいません。それは先生も論理的に考えられるようになる方法を知らないからです。

【文章題が読める、できるという自信が確実に強まっています】

Sさん(小学6年生、広島県)

開始して2カ月になります。論理的な読み方解き方を教えていただいて、塾での国語の練習問題、テストの文章題での正答が増えています。

テスト成績の結果にはまだばらつきはありますが、偏差値は徐々に上がり、43前後から50前後は取れるようになってきました。

文章題が読める、できるという自信が確実に強まってきているように思います。

漢字の覚え方もとても参考になり、焦って演習の本を増やすよりも同じものを繰り返して学ばせることで確実な知識につながっているにつながっているようです。ありがとうございます。

1.2.国語力は10の能力の総合力だから

国語力とは、実は以下のような10の下位能力の総合力です。

①語彙力
②文法力
③論理的読解力
④論理的記述力
⑤要約力
⑥得点力(受験テクニック)
⑦共感力
⑧人間力・本質を見極める思考力
⑨読書体力
⑩背景知識

国語力を上げるには、これらのどの能力が不足しているかを見つけ、それを補う必要がありますが、そこまで詳しくあなたの国語をサポートしてくれる先生はいませんし、自分でも親も、分かりません。よって、国語力はなかなか上がらないのです。

このことについては【国語の成績を飛躍させる10の能力とその勉強法】で詳しく説明しています。

1.3.国語問題集の取り組み方が間違っているから

 (1)国語の間違った勉強法

普通の生徒の国語問題集の進め方は、「問題を解いて、解答解説を読んで、納得したら次へ。答えを覚えてしまうので復習はしない」というものでしょう。しかしこれでは国語の成績はなかなか上がりません。なぜなら、「(問題を解くときの)考え方」が進歩しないからです。

 (2)成績の上がる国語の勉強法は、算数の勉強法と同じ

成績の上がる算数問題集の進め方は、「問題を解き、解けなかったら、解答解説を読み、理解し、納得したら、その解き方を記憶し、すぐに再度解く。最終的に自力で解けるまで何回でも解き直す」というものです。これは問題集の解き方を記憶して、自力で解き方を再現できるようにトレーニングしているのです。これをインストールと言います。

算数問題集全体をマスターするためには更に、「インストールをしつつ、問題集1冊を5~10回復習して『問題を見たら解き方がスラスラ分かる状態』にする」。これで受験問題集を2~3冊マスターすれば、算数の偏差値は急上昇するでしょう。

実は国語でもこのやり方が一番成績を上げる勉強法です。
すなわち、「問題集の解説に書いてある『問題文の論理的な読み方』と『論理的な問題の解き方』を理解し、納得したら、間違えた問題について、その読み方と解き方のポイントを記憶し、すぐに再度解く。その論理的な読み方と解き方を最終的に自力で再現できるまで解き直す」。

問題集の解説に書かれた論理的な読み方と解き方の通り解けるようにするためには、更に、「インストールをしつつ、問題集1冊を5回前後復習して『問題を見たら解き方や解答の根拠がスラスラ言える状態』にする」。この方法で受験問題集を3~5冊(30~50問)マスターすれば、初見の問題でも論理的な読み方と解き方をして正解できるようになり、国語の偏差値は急上昇するでしょう。これが国語におけるインストールです。

インストールについては【インストールとリーズニング】で詳しく説明しています。

2.論理力のある講師に習っても、国語の成績が上がらない理由

予備校や映像授業などで、論理力があり、論理的に国語の問題を解く方法を教える優秀な講師は確かにいるでしょう。しかし、そういう講師の授業を受けたとしても、残念ながら、あなたの国語の成績は、なかなか上がりません。

なぜなら、その授業を受けたとしても、その講師と同じように論理的に本文を読み、論理的に解答することができるようにはならないからです。論理的に解けるようになるには、あなたの「考え方」そのものを「論理的な考え方」に変えていくことが必要ですが、それは授業を受けてもなかなか変わりません。

そうではありませんか。

「問題を解くときの考え方」を論理的に変えるには、講師の「解くプロセス」のポイントをノートに書き、それを記憶し、自分でもそのノート(講師の思考プロセス)の通りに解けるように何度も解き直す必要があります。すなわち、インストールする必要があります。しかし、講師は、自分が解くプロセス全てを板書してくれるわけではなく、そのほとんどを口頭で説明します。また、ノートのやり方を記憶してやり直す生徒はいません。よって、「問題を解くときの考え方」は変わっていかず、国語の成績も変わらないのです。

3.ではどうすれば国語の成績を上げられるのか

ではどうすれば国語の成績を上げることができるのか。
それは、上で述べたインストールとリーズニングという手法を使い、以下のような、論理的な読み方と論理的な解法が書かれた良質の問題集をマスターしていけば良いのです。

「出口の小学国語レベル別問題集」シリーズ(ナガセ)
「国語の読みテクトレーニング 説明文・論説文」(文芸社)
「システム中学国語」シリーズ
(水王舎)
「中学生版 出口の国語レベル別問題集」シリーズ
(ナガセ)

インストールとリーズニングについて習ってみたい方は、当塾でもお教えしています。以下からお問い合わせ下さい。

勉強法&記憶法各コースへのお問い合わせはこちら

4.体験談

【志望校に合格しました】

Wさん(小学6年生、北海道)

この度はありがとうございました。札幌日大中学校(アクティブコース:偏差値59)と立命館慶祥中学校(偏差値58)に無事合格しました。

受講する前は、偏差値38を取るなど、最大のネックであった国語で偏差値が20以上あがり、60を超えたことや、算数・理社の復習法・暗記法・勉強法を教えたいただき、息子がそれらをしっかり実践してきたことが勝因だと思っています。

札幌日大はスーパーアクティブコース(偏差値68)の合格点に7点、足りませんでした。進学先は立命館となります。周囲は日大を薦めたのですが、本人の強い希望で立命館を選んだ次第です。

国語につきましては、創賢塾での1年間の対策が功を奏し、立命館の記述問題はできたとのことで、とても喜んでいました。また、日大中の記述も同じく自信を持ってできたようです。国語の記述対策のおかげで社会の記述問題もできたとのことでした。日大中の国語の得点は120点中80点でした。

また、日大に関しては、入試問題と同レベルの学校主催の模試が10月下旬にありましたが、4教科の総合点はその時の模試と比べ、50点程上がっており、2ヶ月で50点も上がるのだと驚きました。

国語や他の教科の勉強法も教えていただき、地道に実践してきたこと、本人がこの2ヶ月で本気になったこと、創賢塾で過去問を見ていただいたことなどにより、50点も上がったのだと思います。

改めて、ありがとうございました。

【4科目合計で偏差値が10上がり、59になりました】

Oさん(小学6年生、愛知県)

今回は嬉しいご報告があります。

今月受験した公開模試で夏休み前と比べて4科目合計で偏差値が10上がり、59になりました。特に国語の偏差値が58という今までとったことのない数値で驚いております。「国語で点が取れたら見える世界が変わるね。」と、親子で話しています。

ちなみに他の科目は算数56、社会59、理科57でした。算数の口頭再現法や、理科・社会の暗記・復習の仕方を教えていただいて、それを続けた結果だと思います。

合格判定も、今まで無理と思っていたチャレンジ校で85%と出て自信がついたようです。これがまぐれで無ければ嬉しいのですが…。今後も浮き沈みあるかも知れませんが引き続きコツコツと入試まで頑張りたいと思います。

お問い合わせ・無料体験お申し込み

スカイプでオンライン指導。
世界中どこらかでも受講可能
問い合わせはこちら

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 現代文の超効率的勉強法 小論文の超効率的勉強法 古文の超効率的勉強法 漢文の超効率的勉強法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法 日本史の超効率的勉強法 世界史の超効率的勉強法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 国語の超効率的勉強法 古文・漢文の超効率的勉強法 作文・意見文の最速上達法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法