インストールとリーズニング:国語問題集の正しい取り組み方


小学生の国語の成績がなかなか伸びない原因の一つは、「問題集の習得の仕方」を知らないためです。このページでは良質の問題集の論理的な解き方を自分でもできるようにする方法である、インストールとリーズニングをご紹介します。

1.インストール

1.1.国語問題集の習得の仕方は算数問題集の習得の仕方と同じ

実は、国語の問題集の習得の仕方は、算数の問題集の習得の仕方とほとんど同じです。

算数では、ある程度優秀な生徒なら、以下のような進め方をします。すなわち、
「問題を解き、出来なかった場合、解答解説を読み、理解し、その解き方を記憶し、再度すぐに解き直し、自力で解答と同様に式や図を書いて正解できるまで解き直す。そして3~5回復習して、それを長期記憶に定着させる」。

ここでは問題集に書いてある「算数的な解き方」を自分の頭に記憶し(インストールし)、自力で再現できるまで解き直します。これを問題集数冊繰り返して初めて、算数的な解き方が身に付いていきます。

国語でも全く同じです。
「論理的な本文の読み方と問題の解き方」を習得したかったら、
「論理的な本文の読み方と問題の解き方」が書かれた良質の問題集を用いて、
「問題を解き、出来なかった場合、解説の論理的な本文の読み方と問題の解き方を読み、理解したら、自分に足りなかったところを記憶する。そして、再度すぐに本文を読んで解き直し、自力で解答解説と同様の論理的な本文の読み方と問題の解き方ができるまで解き直す」。

以上の問題集の解き方の習得過程を、私はインストールと呼んでいます。
そして5回前後復習して、それを長期記憶に定着させます。これを問題集数冊繰り返して初めて、「論理的な本文の読み方と問題の解き方」を習得できるのです。

これは、ある意味で、「考え方そのもの」、「問題文を読むときの思考プロセス」「問題を解くときの思考プロセス」をアップグレードしている(品質を良くする)わけです。これが国語や算数の問題集を解く目的です。「考え方」が変わらない限り、国語の点数は上がりません。

あなたはこのような国語問題集の進め方をしているでしょうか。

していないでしょう。
おそらく、「問題を解き、出来なかった場合、解答解説を読み、理解し、次の問題へ。復習はしても1回」というやり方をしているのではないでしょうか。

これでは国語の成績が上がるはずがありません。

1.2.インストールとは何か

インストールとは、問題集の著者の「優れた解き方」を自分でもできるようにするための、問題集の習得法です。
国語においては、問題集の著者の「論理的な本文の読み方と問題の解き方」を自分の頭にインストールし(論理的思考プロセスを据え付け)、自分でも、その著者と同じ論理的な読み方、考え方で本文を読めるようにし、問題を解けるようにします。

1.3.インストールが必要な理由

国語の先生はよく、「論理的に考えろ」「論理的に解け」と言います。論理的に解けない人が論理的に解けるようになったら、確かに国語の点数は上がりますから、この指摘は正しいと言えます。しかし、国語の先生は、「論理的に考え、論理的に解くようにするための具体的な方法」は教えてくれません。無責任ですね。

ではどうしたらいいかというと、インストールをすればいいのです。「論理的な解き方」が書かれた良質の問題集の解き方をあなたの頭にインストールすれば、あなたが国語の問題を解くときの「思考プロセス」を「論理的」に変えることができます。

1.4.良質な問題集の論理的読解法をインストールする方法

国語の成績を上げるには、「問題集に書かれた論理的な本文の読み方と論理的な問題の解き方を自分で再現できるようにし、それを続けることで、同様の論理的方法で初見の問題も解けるようにする」、つまり、インストールすることが必要です。

例えば、問題集の本文解説に、「ここは対立関係が書かれていて、日本人とアメリカ人を対比しています。対比することで、日本人の特質をより明確にしています」と書かれていたとします。この記述を読んだら、本文の該当箇所と解説部分を照らし合わせて何度か読み、その解説に「なるほど」と納得したら、その解説のポイントを記憶します。

次に、解説内容を「再現」しながら、該当箇所の前後を何度か再読します。
そして、復習で本文を再度読むときにも、解説に書かれていた通りに論理的な読み方を再現し、分析して読みます。これが成功するまで再現し続ける一連のプロセスがインストールです。

例えば、解説に、「ここでは最初に具体例が書かれていますから、どこで一般化し、主張を述べるかを探していきます」と書かれていたら、その通りに読めるようこれをインストールし(記憶し)、再現します。

1.5.良質な問題集の論理的解き方をインストールする方法

例えば、選択肢問題の解説で、「アは33行目の内容に反するから×、イは25行目の内容と合致するから◎」と書かれていたら、それを確認し、納得したら、その「根拠」を覚え、すぐに再度解き直し、解説の通りに根拠を指摘しながら正答できるまでインストールを続けます。

ここでは、正解できるかより、「正しい根拠を指摘して」正解できるかという「解き方のプロセス」の方を重視します。また、記憶はしますが、「記憶」では解かず、「理解」で解くようにします。それはちょうど、数学で間違い、「解き方」を覚えて再び解くときに、「丸暗記」した内容を書くわけではなく、「理解」しながら解くのと同じです。「記憶」でも解けますが、それは応用の利かない記憶になります。他の問題では使えません。注意してください。

このように、良質な問題集に書かれた「本文を論理的に読むプロセス」、「問題を論理的に解くプロセス」をインストールによって習得し、自分のものにすることで初めて、「問題文を論理的に読み、問題を論理的に解く思考法=論理的思考法」を身に付けていくことができます。

2.リーズニング

2.1.リーズニングとは

国語の問題には、本文中に必ず答え、根拠があります。解答を導くときに、何となく解くのではなく、毎回、その「根拠を言う」「根拠を書く」ことを続けていくと、根拠を見つけるのが速く上手くなり、正答率も高まります。また、根拠を持って答えることができるので、自信も持てます。
このように、「根拠を言う(書く)」勉強法のことを、「リーズニング(根拠付け)」と言います。これは国語や英語で使える勉強法です。

2.2.選択肢問題におけるリーズニングとインストール

選択肢問題では、リーズニングは「選択肢に書かれていることの根拠を探し、言う」ということです。各選択肢が正しいか間違っているかの根拠を本文に求め、探し、見つけ、選択肢のどこが正しく(根拠があり)、どこが間違っているか(根拠がない、本文の内容と違う)を言います。そして、根拠がない、間違った部分に×を付け、根拠が曖昧な部分には△を付け、根拠がある部分には○を付けます。こうして比較して×がなく、○が多い選択肢を正解とします。

自分の解答が間違えたときは、インストールをします。つまり、解答解説を読み、解答の根拠を理解し、納得すれば、それを記憶して(インストールして)、再度解きます。
解説の根拠が自分の根拠と違っている場合、たとえ正解でも、その根拠を理解し、納得すれば、それを記憶して、再度解きます。

こうして、解説に書いてあった根拠を正確に再現できるまで、インストールとリーズニングを続けます。

2.3.記述問題におけるリーズニングとインストール

記述問題でもリーズニングとインストールを使います。

記述問題では、解答に必ず含まれるべき「キーワード」が3つ前後あります。そのキーワードを見つけ、適切に組み合わせれば正解できるわけですが、その際、自分が選んだ言葉がキーワードである根拠を言います(リーズニング)。根拠をはっきりさせるわけです。

そして、解答を見てその根拠と解答両方が正解であればOK、不正解の場合、もしくは、たとえ正解でも根拠が間違っている場合も、たまたま合ったとみなしてインストールとリーズニングをします。
すなわち、解説の根拠を理解し、納得し、記憶し(インストール)、再度すぐに解いて根拠を言い(リーズニング)、根拠と解答両方が正解するまで解き直します。

これは算数では当たり前にやっている問題集の進め方です。それを国語でもやるのです。

2.4.リーズニングとインストールは「論理的に解く方法を習得できる」最も有効な勉強法

私の知る限り、「論理的に解く方法を習得できる」最も有効な勉強法は、リーズニングとインストールです。この2つを続ければ、思考方法が進化し、論理的に考えられるようになり、国語の成績が上がっていきます。

国語の問題を解いたり塾で国語を習う目的は、「国語の問題の解き方を進化させて成績を上げるため」「論理的に解く方法を習得して成績を上げるため」です。
しかし、それは従来の方法、「ただ塾の授業を受けるだけ」「問題を解いて、解答解説を読み、納得したら次の問題へ」という方法では不可能です。自分の解き方、考え方は変わらないからです。

2.5.国語問題集は5回復習する

一度インストールとリーズニングをしても、時間がたてば忘れ、また元の解き方で解いて間違えてしまいますから、復習は不可欠です。いつでも正しい根拠で正解できるまで、5回前後復習します。

よく、国語で、「解答を覚えているから復習は意味がない」と考える人がいますが、これは「正しい国語問題集の習得方法(インストールとリーズニング)」を知らないからそう考えるのです。

算数で答えを覚えていても復習するように、国語でも答えを覚えていても復習します。それは、「解くプロセス=きちんと根拠を言って正解するプロセス=論理的に考えて正解に至るプロセス」を習得することが国語の問題集を学ぶ目的だからです。

【体験談】

「最も役立っているのはインストールとリーズニングです」

Kさん、小学6年、福島県

創賢塾の国語指導で最も役立っているのはインストールとリーズニングです。この勉強法は今まで聞いたことがありませんでしたが、原理を聞くと、なぜみんながやっていないか不思議に思うくらい合理的でした。

それで、息子には自分で問題集を進めるときは、どうやって解説を習得するかをいつも言い聞かせています。とても大変なやり方なので、始めは苦労しましたが、2~3ヶ月続けるとさすがに慣れて、初見の問題でも、出口先生の問題集に書かれているやり方で徐々に解けるようになっていきました。選択肢問題で根拠を書いて解いたり、記述問題でキーワードを探すのができるようになり、当然点数も上がっていきました。始めて5ヶ月で偏差値45から52に上がりました。有り難いことです。

国語とは少し離れますが、話し方がだんだん論理的になってきたと感じます。論理的に解く方法を毎日トレーニングしているので、それが彼の頭を進化させているのでしょう。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

「塾の授業が実になっていなかった」

Hさん、小学6年、神奈川県

塾はN研に通わせていますが、国語がじりじりと下がり、やはり国語は上げるのが難しいと感じていました。それで国語専門塾を探し、評価の高い論理エンジンを長く指導されているということで、創賢塾のスカイプ授業を受けさせることに決めました。

始めて5ヶ月ですが、明らかにいい方向に向かっています。成績も上がりましたし、記述問題の解き方、選択肢問題の解き方、要約の書き方、一つ一つを習得していっているのが分かります。「緻密に、徹底的に」。これが私が創賢塾の指導について感じた感想です。成績は偏差値が50を切っていたのが、60近く取れるようになっています。

授業をはたで聞いていて思ったのは、「塾の授業が実になっていなかった」ということでした。たとえば、選択肢問題でそれぞれの選択肢の間違っている理由を先生に聞かれてもほとんど全く息子は答えられませんでした。記述問題も、何からどう手を付けていいか分からないようでした。

おそらく、N研も、授業自体は良かったのだと思いますが、その授業をどう消化し、先生の解き方をどうやって自分のものにするかという「授業を受ける姿勢」を知らなかったのだなあと感じます。また、集団授業なので、個々の「授業を受ける姿勢」までは習得させられないでしょう。

創賢塾ではその「授業を受ける姿勢」を「インストール」と言っていますが、このやり方は画期的な国語勉強法だと思います。国語の勉強法が算数の勉強法と同じとは、全く気づきませんでした。目から鱗とはこのことでした。

創賢塾の指導方針は明確です。要約なら、要約マニュアルを覚えさせ、その通り書かせる。マニュアルに書いてあるキーワードの探し方、キーセンテンスの見つけ方を、自分でやらせ、修正し、復習させ、自分でできるまで書き直させる。30文要約させ、5回ずつ復習させる。段落要約も入れると200以上書いたでしょう。それだけ書けば誰でも要約の仕方が身に付きます。今では要約問題が出てもサッサとキーワードを見つけることができ、書くことができます。ポイントを外すこともあまりなくなりました。記述力がずいぶん身に付いたと感じます。

入試まであと半年、今後ともよろしくお願いします。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の超効率的英語勉強法 高校生の5教科勉強法 高校生の超効率的数学勉強法 高校生の現代文勉強法 高校生の小論文上達法 高校生の超効率的古文勉強法 高校生の超効率的漢文勉強法 高校生の超効率的日本史記憶法 高校生の超効率的世界史記憶法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法