英語基礎力を高める勉強法と順序


1.英語の基礎力を高めない勉強法

中高生の英語勉強法は、昔から「パズルを速く解く」方法に偏ってきました。つまり、英文を音読したり英文自体を覚えたりするより、「説明問題を解く」「穴埋め問題を解く」「発音問題を解く」などの、「パズルの問題を解く」「日本語を使って考える」ような勉強法です。こういう勉強をしても、英語力を自体は大して高まりません。

このような勉強法を長年日本人は続けてきた結果、大学生になっても、英語を十数年勉強しても、「話せない、書けない、聴けない、英語の小説や新聞・雑誌を満足に読めない」大人を、日本の英語教育は量産してきました。

2.「使える」英語への潮流

しかし、近年ではそういう英語教育の非効率性を反省し、「使える」英語を目指す方向性がはっきりしてきました。それが「リスニングの採用」であり、「英語読解問題の易化・長文化」(速く読まないと対応できない)です。
そういう流れの中では、今までの「パズル勉強法」や「難しい英文を、ウンウン言いながら訳し、次へ次へ進む、復習は、してもせいぜい2~3回」のような勉強法は役立ちません。

3.本質的に英語力を高める勉強法とは

本質的に英語力を高める勉強法が、今の日本の学校教育では待ち望まれているのです。

それが、「音読100回」と「瞬間英作文(例文暗記)」です。

共に、「英語をひたすら身体の中に入れる」勉強法で、「反射的に英語が出てくる」ようにする効果があります。通訳や英語上級者の多くが採用している勉強法でもあります。

この二つの学習法によって英語の基礎力を高めることで、「英語がスラスラ読める、書ける、聴ける、話せる」ようになるので、それと平行して、あるいは基礎力を高めた後に、通常の問題集をすることで、文法問題も読解問題もスラスラ解けるようになります。
実力を上げる勉強法をせず、ひたすら「問題を解く」だけの勉強法よりは、ずっと効率がよいのです。

3.1.英語の実力を上げる音読・シャドーイングと瞬間英作文

英語の実力を上げる鍵は「音読」と「瞬間英作文」にあります。

「音読+シャドーイング」を、1文当たり、計50~100回することで、その英文を脳に深く刷り込むことができ、リーディングやリスニングが大きく進歩します。

具体的には、英文中の英単語・熟語・文法・構文等を全て記憶することができ、「返り読みせず、英語を英語の語順のまま」、「英語を英語のまま、日本語に翻訳することなく」理解することができるようになるので、英語回路の基礎ができ、読むスピードが速くなります。

また、音読の上級トレーニングであるシャドーイング(聴きながらの音読)をすることで、英語の語順で聴くことができるようになり、リスニングが上達します。また、自分の発音をネイティブの発音で矯正していけるので、発音・アクセント・息継ぎ等が上手になり、読むのが速くなります。

瞬間英作文とは「短文暗唱トレーニング」のことで、「日本語訳を見て英文を瞬間的に言うトレーニング」です。
瞬間英作文により英文を数百~数千文を覚えることで初めて「使える英語」を身に付けることが可能になります。特に、英会話、英作文には特効薬的な効果を発揮します。

つまり、音読と瞬間英作文をすることで、英語の4つの技能、「読み、書き、聴き、話す」能力が満遍なく上達するのです。

3.2.音読のやり方

音読とは、【テキストを見ながら、情景をイメージしながら、頭の中で日本語訳を重ねながら、理解しながら、声を出して読む】トレーニングです。

 (1)理解しながら音読する

ここで重要なのは、「理解しながら音読する」ということです。多くの音読学習者にはここの認識が欠けています。「英語を、理解しながら音読するにはどうしたらよいのか」を知らないまま、「自分が英文を理解しているかを、自分で自分をチェックしないで、ただ、音読している」学習者が多いのが実情なのです。

「理解しながら音読する」には、音読をしながら、頭の中で、「情景をイメージする、日本語訳を言う」ようにすればよいのです。

 (2)シャドーイングのやり方

シャドーイングとは、音読の上級版で、【英語音声を聴きながら、音読する】トレーニングです。正式には、テキストを見ず、英語音声に少し遅れて音読しますが、最初はテキストを見た方がやりやすいでしょう。
シャドーイングは、音読を同じ文章で50~80回読んで、英語音声のスピード以上の速さで「理解しながら音読できる」ようになってから入れていくと効果的です。

 (3)音読教材

音読で使う教材は以下の順番で進めると効果的です。音声がないと効果は半減しますから、特に最初は必ず音声付きの教材を使います。

①中3教科書程度の簡単な英文の音読・シャドーイング
②高1教科書程度の教材の音読・シャドーイング
③高2教科書程度の教材の音読・シャドーイング
④英文解釈書の音読・シャドーイング
⑤英語長文問題集の音読・シャドーイング
⑥過去問の英文の音読

3.3.瞬間英作文に使う教材

最初は、中学で習う英文法が網羅された例文集を暗記し、次に高校英文法が網羅された例文集や構文集を瞬間英作文で暗記します。
その後は必要に応じて、旅行で英語を使いたい人は旅行用例文集を、TOEICのスコアをアップさせたい人はTOEICで使われる英文の例文集を、などと進めればよいでしょう。

瞬間英作文で使う教材は以下の順番で進めると効果的です。音声がないと効果は半減しますから、特に最初は必ず音声付きの教材を使います。

①中学程度の英文を英作文できるようにする

・オススメ教材
「99パターンでわかる中学英語文型の総整理」(CD付き)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」(CD付き)
「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」(CD付き)

②高校で習う構文・文法を瞬間英作文で暗記する

・オススメ教材
「総合英語Forest 音でトレーニング」(CD付き)
「英作文基本300選」(CD付き)「英語構文基本300選」(CD付き)
「英語の構文150」(CD付き)
「DUO 3.0 」(CD付き)

【終わりに】

以上、英語学習の順序でした。ここまでお読みいただきありがとうございました。

これらの勉強法を、当塾ではスカイプで指導しています。無料体験も実施していますから、お気軽にお問い合わせ下さい。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の超効率的英語勉強法 高校生の5教科勉強法 高校生の超効率的数学勉強法 高校生の現代文勉強法 高校生の小論文上達法 高校生の超効率的古文勉強法 高校生の超効率的漢文勉強法 高校生の超効率的日本史記憶法 高校生の超効率的世界史記憶法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法