世界史 9割をとるセンター試験対策


このページでは、教科書類(自分のメインの暗記本)と暗記用問題集(一問一答問題集や穴埋め問題集)を暗記したあと、センター試験・世界史で9割を取るための勉強法を書いていきます。教科書や暗記用問題集の記憶法についてはこちらをご覧下さい。

1.センター試験対策問題集

1.1.センター試験対策問題集

教科書と暗記用問題集を暗記したあとのセンター試験対策問題集として考えられるのは、以下の5種類です。

(1)センター試験過去問(センター試験を年度順に配列した問題集):赤本(教学社)、黒本(河合塾)、青本(駿台)など。自分が受けるときのセンター試験に、形式・レベルが最も近いのは、近年のセンター試験であり、20年分(本試験15回分、追試験5回分)を暗記すれば、内容的にも重複するので、8~9割取れるようになります。

(2)センター過去問問題集(過去問を時代別・地域別に編集し直した問題集):「センター試験への道 世界史」(山川出版社)、「ベストセレクション センター試験世界史B 重要問題集」(実教出版)、「短期攻略センター世界史B」(駿台)、「センター試験 世界史Bの点数が面白いほどとれる 超重要問題の解き方」(角川)、など。重複をなくし、出やすいところを押さえているので、年度別の過去問より効率的に知識を吸収できます。

(3)センター過去問一問一答式問題集(過去問を一問一答式にばらして時代別・地域別に編集し直した問題集):「センター試験 世界史Bの点数が面白いほどとれる一問一答」(角川)、「9割とる!! センター世界史」(学研)など。これは知識を入れるためのもので、センター過去問問題集の代わりに使っても良いでしょう。少し使いどころが難しい問題集です。

(4)センター試験予想問題集:「大学入試センター試験実戦問題集世界史B」(7回分、駿台)、「センター試験実戦模試(11)世界史B」(6回分、Z会)、「センター試験予想問題パック」(全教科1回分、Z会)、「センター試験対策問題パック」(全教科1回分、河合塾)、「センター試験実戦パッケージ問題」(全教科1回分、駿台)、など。過去問を10~20年分暗記したあと、過去問の穴を埋めるのに適しています。

(5)その他のセンター試験用問題集・個別対策問題集:「30日完成センター形式世界史問題集」(センター試験用創作問題集、山川出版社)、「マーク式基礎問題集30 世界史B 空欄完成」「同 31 世界史B 正誤問題」(河合塾)、「ビジュアル世界史問題集」(地図問題集、駿台)、「タテ×ヨコから見る世界史問題集」(学研)、「分野別世界史問題集 (5)文化史」(山川出版社)など。自分の弱点を埋めるのに使います。

1.2.問題集のオススメ順序

(1)センター過去問問題集1冊習得⇒(2)過去問20年分習得⇒(3)予想問題集1冊習得⇒(4)個別補強

オススメの理由と習得法を以下に書いていきます。

2.センター過去問問題集

2.1.センター過去問問題集をマスターせよ

教科書と暗記用問題集(一問一答問題集や穴埋め問題集)を暗記したあと、センター試験対策として最も適した問題集は、センター過去問問題集です。

過去問には繰り返し同じ内容・テーマの問題が出されますから、過去問20年分(本試験15回分、追試験5回分)を暗記すれば、8~9割はほぼ取れるようになります。その20年分の過去問を、より効率よく暗記できるようにした問題集がセンター過去問問題集です。

15年分以上を収録したセンター過去問問題集を全て即答できるまで3~10周すれば、自分が受けるときの実際のセンター試験の内容もほぼ網羅できます。

2.2.オススメ センター過去問問題集

以下の2つがオススメです。できるだけ書店で見比べて、やりやすそうな方を選んで下さい。

センター試験への道 世界史」(155ページ、山川出版社)

センター試験の本試・追試を教科書の配列(時代順・地域別)に並べた過去問問題集。問題傾向が変わった2000年以降の問題のみで構成され、15年分以上を収録。記憶し終わったパートから問題を解くことができます。解答は問題の横に書かれ、また解答に関わる重要事項は赤字になっているなど、非常に見やすい。ただし解説は簡略。

ベストセレクション センター試験世界史B 重要問題集」(176ページ、 実教出版)

上記と同じ問題構成(全て過去問から)ですが、章の始めに穴埋めのまとめ問題があります。解答は別冊で、「センター試験への道」より詳しい。

2.3.進め方と暗記法

センター過去問問題集の進め方と暗記法はシンプルです。

「センター過去問問題集」暗記法

(1)パート分け:分量が多いので、全体を2~5パートに分けます。10日前後で終えられる分量を1パートにします。

(2)第1パート1周目:1問ずつ解きます。

①スピーディーに解き進める:世界史は知識が9割で、考える時間がもったいないので、3秒以内に正誤が答えられない(思い出せない)選択肢には印をつけ、パパッと解き終え、すぐに解答・解説を読み、知らなかった知識にマーカーを引き、音読・暗唱して暗記します。暗唱しながら書くのも良いでしょう。

②1回目はできない問題の発見:1回目は「間違えたor知らないor曖昧な知識」=「覚えるべき知識」を見つけることを優先し、どんどん進めます。

(3)第1パート2~10周目:第1パートの1周目が終わったらすぐに2周目に入り、そのまま3~10周して、「全問即答(正解するだけでなく、全選択肢の正しい知識を即答)」できるようにします。

「即答」が長期記憶に入った印です。「何とか思い出せる状態」では受験まで知識がもちませんし、試験場でど忘れすることになりかねません。

2周目以降、答えの番号は暗記していくでしょうが、気にせず、各選択肢がどう間違っているかを言えるようにし、また、それを訂正して、正しい情報を暗記していきます

(4)第2パート以降:第1パートが終わったらすぐに第2パートに行きます。進め方は同じです。

第2パートに行っても、第1パートの復習を続けます。毎週末に30~60分、間違えた問題を解き、暗記し続けます。

(5)長期記憶に入れる:全体が終わったら、更に全体を5周ほど復習して、長期記憶への定着を図ります。しつこく暗記することが受験まで記憶を持たせるカギです。復習を怠らないようにしましょう。

(6)教科書に戻る:何度も間違えた問題は「教科書類(自分のメインの暗記本)」に戻って、内容を確認し、マーカーを引き、「セ13-20(センター試験2013年25番の意)」などと書いておきます。これで教科書の暗記を更に確実にできますし、どこまで細かい知識を暗記すべきかが分かります。

2.4.挫折せず、全て暗記するための心得

(1)1回で覚えてしまおうとしない:多くの受験生は「1回目で覚えてしまおう」とするので、疲れて挫折する可能性が高くなります。また実際、1回覚えてもすぐ忘れるので、1回では覚えられません。5~10周すれば誰でも暗記できます。「繰り返しの力」を信じて、淡々と進めましょう。

(2)1周目は素速く終える:時間をかけて覚えるより、同じ時間なら2倍速く解いて2周する方が記憶に残りやすく、また、1周に時間をかけると挫折する可能性が高まるため、スピーディーに進めます。

(3)最初は最小限を覚える:半分以上解けない人は、挫折する可能性を減らすため、1~3回目は解くのに必要な知識だけを暗記し、4回目以降、全ての選択肢の間違いの部分を訂正して覚えると良いでしょう。最初から7割以上知っている人は、全選択肢の正しい知識を覚えます。

(4)復習は2週間以内に:2週間以上たつと急速に忘れていくので、2週間以内に復習に入ります。1か月後に復習したってほとんど忘れていますよ。復習時期には要注意。

2.5.「世界史まとめ帳」にまとめ、毎週末に暗記する

最後まで残った問題のうち、覚えにくいものは「世界史まとめ帳」にまとめ、暗記するのも良い方法です。

まとめ方は簡単で、ルーズリーフに縦線を引き、左に問題、右に答えを書きます。つまり、一問一答式問題集を自作するのです。

覚えていない知識をここに集約し、毎週末に暗記すると決めることで、穴を簡単に埋められます。

2.6.問題集10周は効果が高い割に、時間は3周とたいして違わない

問題集を10周すると、どの科目でも、ほとんど全ての問題を「即答」できるようになります。即答できれば、長期記憶に入って数ヶ月以上忘れませんし、試験場で度忘れすることも激減します(ど忘れするのは記憶が浅いからです)。

一方、普通の受験生はせいぜい2~3回しか復習しません。2~3回では記憶が浅いので1ヶ月たつとかなり忘れます。

それで、「問題集を10周しよう」と生徒に言うと、最初、「そんな時間はない」と考える生徒が大勢います。

でもそれは間違いです。10回の復習は、3回の復習より効果が断然高いのに、かかる時間はたいして違いません。

例えば1日1時間で5ページ、10日で50ページ進み、これを第1パートとします。2周目は1周目の5~7割前後、平均6割の時間で済みます。3周目は2周目の6割、以後も平均6割の時間で進められるとして、かかる時間は以下のようになります。

【1周目10時間⇒2周目6時間⇒3周目3.6時間⇒4周目2.2時間⇒5周目1.3時間⇒……10周目0.1時間(6分)≒合計25時間】

3周まで合計で19.6時間、10周まで約25時間です。4~10周で約5時間しかかからないのです。3周だとまだ知識も理解もあやふやで、10周すると完全に暗記できます。

問題集10周をやらない選択肢はないとお分かりになるでしょう。

成績がいい子はみんな「10回くらいはやっている」

「きめる!センター現代文」船口明著 406ページ

先日ある生徒が落ち込んだ顔で僕を訪ねてきました。「理科が苦手で、どうしても成績が上がらないんです……」。彼はこう言います。「テキストは復習して内容は理解してます」「問題集で演習もしました」「それなのに上がらない」と。

僕は聞きました。「問題集は何回やったの?」。「項目にもよりますが、間違ったところは2回、解けたところは1回です」。なるほど。そりゃあそうです。それでは成績が上がるわけがありません。

勉強は「繰り返し」で成績が上がっていくものです。

かつて、ある超難関国公立大の医学部に現役合格した女の子は言いました。

「私は『天才』なんかじゃないんです。K君みたいに、授業の復習をして問題集を1回解いただけで出来るようになるっていう子もいます。ああいう子は確かに天才です。でも私、理科も数学も10回くらい繰り返して、やっとできるようになるんです。だから私は天才じゃありません。」

僕は「はっ」としました。彼女はずっと全国模試の成績が一ケタ台だった子です。正直、そこまで繰り返しているとは思っていなかった。でも、彼女は、「10回やって」その順位にいたんです。しかも彼女は、周りの友達も、成績がいい子はみんな「10回くらいはやっている」って言うんです。

どうでしょう。皆さんは「天才の勉強法」になっていませんか。

才能がないんじゃない、繰り返しが足りないだけです。だからできないと嘆く前に、何度も繰り返す。5回やってダメなら10回やればいい。10回でダメなら15回やればいいんです。

3.過去問を解く意味があるのか?--もちろん、必須です

「センター試験で同じ問題は出ないのだから、過去問は解く意味がないのではないか」と考える人がたくさんいますが、それは大きな間違いです。過去問を5年、10年とさかのぼって解いていくと、同じ事柄やテーマが繰り返し出題されていることに気づくでしょう。

センター試験で重要問題は出尽くしています。今後も同じような問題は出続けるでしょう。

よって過去問をマスターすることがセンター試験で80点以上を取るための近道なのです。

4.過去問20年分5周

4.1.過去問20年分を5周して暗記する

センター過去問問題集を1冊マスターしたあとは、実際のセンター試験過去問10~20年分を、時間を計って解きます。全て即答できるまで3~10回復習します。

教科書と暗記用問題集と過去問問題集を習得していれば、3~5周ほどで習得できるはずです。

過去問を解くことで、時間配分、実戦感覚、そして知識を身に付けていきます。

4.2.過去問の種類

過去問は3種類発行されています。収録年数、解説の好み、自分にとって分かりやすいかなどの相性もあるので、実際に手にとって見比べると良いでしょう。

赤本(教学社)「センター試験過去問研究 世界史B」本試験全25年分、追試験直近2年分、「世界史A」3年分、合計30回分収録。
黒本(河合塾)「大学入試センター試験過去問レビュー世界史B」本試験16回分、追試験11回分、「世界史A」1年1回分、合計28回分収録。
青本(駿台) 「大学入試センター試験過去問題集世界史B」本試験6回分、追試験4回分、合計10回分収録。

また、ネットの幾つかのサイトで、無料で過去問が掲載されています。以下の2つがオススメです。

東進「大学入試過去問データベース」。世界史は22年分の本試験+追試験、合計44年分掲載。解答も有り。
大学入試センター「過去4年分のセンター試験問題

東進のサイトは年数も多く、有名大学の過去問も網羅されていて、とてもオススメです。

両サイトとも、問題もPDFで公開され、印刷可能です。赤本等をやる場合にも、本にメモなどを直接書き込むと復習時にやりづらいので、問題文はこれらのサイトで印刷してやった方が良いでしょう。

4.3.センター過去問の進め方

センター試験の過去問は、「本試験直近5年×5周」⇒「追試験直近5年×5周」と解いていきます。時間があれば20年分(本試験10年分+追試験10年分)を即答できるようにしましょう。そうすれば、センター試験で90点前後は堅いでしょう。

4.4.センター過去問の暗記法

「センター過去問」暗記法

(1)1年分ずつ解く:まず、1年分を時間通りに解きます(センター試験の実点数)。これで時間感覚を磨きます。次に、時間内に解けない問題があった場合は、延長して解きます(知識としては何点取れるか)。

(2)解答解説を読む:「間違えたor知らないor曖昧な知識=覚えるべき知識」を確認し、音読・暗唱して暗記します。暗唱しながら書くのも良いでしょう。「覚えるべき知識」の問題・選択肢には、後で消せるように鉛筆で印を付けます。そこだけを復習します。

(3)即答できるまで復習:全問を即答で正答できるまで、3~10回復習します。「即答」が長期記憶に入った印です。何とか思い出せる状態では受験まで知識がもちませんし、試験場でど忘れすることになりかねません。

(4)10年分即答できるようにする:時間のある限り、5年分、10年分とマスターしていきます。20年分マスターすれば、センター模試や実際のセンター試験で9割前後取れるようになるはずです。

5.予想問題集

更に、時間があれば、以下のようなセンター試験予想問題集か、センター試験用創作問題集を解きます。実際のセンター試験では、やはり今まで出た問題(過去問)ばかりではありませんから、その穴を予想問題集で埋めるわけです。これも全て即答できるまで3~10周します。

これでセンター模試や実際のセンター試験で9割以上取れるようになるはずです。

大学入試センター試験実戦問題集世界史B」(7回分、駿台)
センター試験実戦模試(11)世界史B」(6回分、Z会)
30日完成センター形式世界史問題集」(山川出版社)

6.個別補強

以上でまだ模試や過去問で85点以上取れない場合は、自分の弱点を研究し、補強します。

例えば文化史が弱ければ「分野別世界史問題集 (5)文化史」を、地図問題が弱ければ「ビジュアル世界史問題集」を、ヨコの歴史が弱ければ「タテ×ヨコから見る世界史問題集」を10周するなどです。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の超効率的英語勉強法 高校生の5教科勉強法 高校生の超効率的数学勉強法 高校生の現代文勉強法 高校生の小論文上達法 高校生の超効率的古文勉強法 高校生の超効率的漢文勉強法 高校生の超効率的日本史記憶法 高校生の超効率的世界史記憶法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法