「中学ニューコース問題集 中学英文法」習得法


創賢塾では、英語は中1から先取りすることを推奨しています。なぜなら、英語は先取りが容易で、先取りして英語力を高めれば高めるほど、高校入試や大学入試に有利だからです。

そして、英語の先取りの出発点は中学英文法であり、最初は英文法の概略が解説された薄い参考書を、次いで「中学ニューコース問題集 中学英文法」(学研)のような薄めの標準的英文法問題集で英文法の理解と暗記の土台を固めるのがオススメです。

このページでは「中学ニューコース問題集 中学英文法」の効果的な習得法を書いていきます。

1.英語の先取り

1.1.英語の3つの先取り

英語の先取りの内容は以下の3つです。英文法さえ習得すれば、英語教科書を先取りできるので、最重要なのは英文法です。

(1)英文法ハイパー英語教室 中学英文法」(安河内哲也著、桐原書店)のような中学英文法の薄い参考書で概略を習得します。これをある程度進めたら、英語教科書の先取りに入ります。

 「ハイパー」を終えたら「中学ニューコース問題集 中学英文法」(学研)のような薄い標準的問題集で理解と暗記を促進し、最後に「塾で教える高校入試 英語 塾技63」(文英堂)のような高校入試英文法問題集で入試レベルの英文法力を身につけます。

(2)英単語熟語:中1から、2000ワード前後収録の高校入試用英単語集を暗記していきます。中1で高校入試レベルの2000ワードを全部暗記することも十分可能です。

(3)英語長文:英語教科書を1年⇒2年⇒3年と先取りしていきます。教科書を3冊習得すると、高校入試用英語長文問題集に入ることができます。

※英語教科書を習得する=スラスラ和訳できる+90%の理解度分速150ワード以上で音読・黙読できる+英単語熟語暗記+基本文暗記+聞いて理解できるようにする。
※90%の理解度:日本語訳を読んだとき程ではないが、「英語としてはほぼ完璧に理解できる状態」。
※分速150ワード:300ワードの英文なら2分で読める速度。30~60回以上音読すれば、分速150ワード以上で読めるようになる。

1.2.先取りにかける時間

【「平日毎日20分+土日1時間」×3種類】など勉強していくと、中1でも1年~1年半程度で全ての先取りを終わらせることができます。

2.「中学ニューコース問題集 中学英文法」の特徴

2.1.特徴

(1)薄いのですぐに習得することができる:問題編120ページ、解答編32ページしかないので、中学英文法全体を短期間(60時間前後)で終わらせることができます。

(2)基礎から標準まで:中学英文法の基礎(中1レベル)から、入試標準レベルの問題が解けるまで実力を上げられます。

(3)いろいろな問題がある:書き換え、穴埋め、整序英作文、英作文、自由英作文など、いろいろな問題が入っているので、理解・暗記不足を発見し、英文法力を上げやすい。

2.2.前提

中学ニューコース問題集 中学英文法」は問題集であり、各章の最初の英文法解説や問題解説は詳しくないので、「ハイパー英語教室 中学英文法」などの英文法参考書で先取りを終わっているか、学校や塾で習っていることが前提になります。

3.「中学ニューコース問題集 中学英文法」習得法

3.1.習得の目標

(1)全問題を即答できるようにする:英作文問題は模範解答を暗記して即答できるようにします。

(2)文法的に説明できるようにする:間違えた問題についてそれがなぜ間違いか、正解がなぜ正解かを文法的に説明できるようにします。

(3)知識の暗記:問題や解説中の知らなかった知識を全部自作英単語帳やルーズリーフにまとめて暗記します。

3.2.全体を分割して習得する

全体を一気に1周し、2周、3周しても、なかなか理解も暗記も進まないので、いつ習得できるか分からず、挫折する可能性が高くなります。

したがって、全体(20章)を6~10カ所などにパート分けし、各パートを3~5回繰り返しながら習得していくのがオススメです。

ここでは,5回の総合テストに合わせて、3~4章ごとに6つに区切って習得する方法を書いていきます。具体的には、1~4章、5~7章、8~10章などです。

3.3.「中学ニューコース問題集 中学英文法」の習得法

中学ニューコース問題集 中学英文法」習得法

(1)1~4章を3周する

 ①書き込まず、ノートに回答を書く:書き込むと2周目にやりにくいからです。ただし、間違えた印は冊子に付けます。どこを復習すべきかすぐに分かるからです。

 ②解説は見ず、問題を解く:今の自分の能力でどの程度解けるかを知るため、最初のページの解説は一切見ずに解きます。解説を参照した問題には間違いの印を付けておきます。

 ③大問ごとに解答解説を読み、理解する:理解できない箇所があったら、(ここで初めて)章の最初のページの解説を読むか、英文法参考書や辞書で調べるか、誰かに聞いて必ず理解します。

 間違いの問題には本冊子の番号に印を付け、解説の知らなかった知識にはマーカーを引きます。

 ④間違いの問題の英文は瞬間英作文で暗記:【英文を2回口頭和訳⇒英文を5~7回音読⇒暗唱⇒瞬間英作文(日本語を見て英語に訳す)⇒言えたら次へ、言えなかったら「音読⇒暗唱⇒瞬間英作文」⇒言えたら次へ】

 ただ問題を解けるようにするだけでなく、英語を体に染み込ませるため、英文を暗記していきます。瞬間英作文で英文を暗記すれば、問題はすぐに解けるようになります。

 ⑤英単語熟語・不規則動詞の活用・表現等は自作英単語帳に書いて暗記する:暗記法は【英単語暗記法】に書いています。

 文法は以下のようにルーズリーフに書いて暗記します。書いた日から毎日暗記していきます。

【現在完了の3つの意味と訳し方|経験(~したことがある)、継続(している、してきている)、完了(し終わった、したところだ)】

 ⑥自由英作文やハイレベル問題は飛ばしても良い:まだ中1なら飛ばして構いません。1冊終わったら2周目にやります。

 ⑦1章が終わったらすぐに2~4章へ進む:やり方は同じです。4章1周目が終わったらすぐに2周目に入ります。

 ⑧1~4章を3周する:2周目からは間違いの問題のみ解きます。3周すればある程度理解と暗記が進みます。5~6周する方がもちろん良いですが、ずっと復習するので3周でも構いません。

 ⑨総合力テストに入る:1~4章を3周したら、総合力テストを解きます。やり方は同じです。ここも3周します。

 ⑩目安は「1~4章~総合力テスト」×3周で約7時間:目安は、「1周目1ページ15分(解く10分+解答解説を見て理解する5分)×18ページ」=4.5時間。3周合計で約7時間です(個人差があります)。1日30分として約2週間です。

(2)5~7章を3周する

 ①進め方は1~4章と同じ。

 ②復習:1~4章の間違いの問題のみ毎週1周します。以後も、「新規部分3周+既習部分全部毎週1周×2ヶ月以上復習」して忘却を防ぎ、長期記憶に入れていきます。

 ※長期記憶:数ヶ月~数年以上もつ記憶。2ヶ月以上復習し続けると長期記憶に入っていく。

(3)8章以降も3周し、全体を1周終わらせたらすぐに2周目に入り、全体を5周する。

 ①新規に1セット(3~4章)×3周:8~10章+総合力テスト、11~13章+総合力テスト、のように3~4章を1セットにして2週間前後で3周して習得していきます。

 ②復習:既習部分全部を「毎週1周×2ヶ月以上復習」します。

 ③全体の1周が終わったら、すぐ2周目に入る:自由英作文やハイレベル問題を1周目に飛ばした場合は、ここも含めて解き、習得していきます。

 ④全体を10周して習得する:「習得」とは、全問題を即答できる、文法的に解説できる、全知識を暗記することです。

 ⑤「中学ニューコース問題集 中学英文法」の後:高校入試用英文法問題集に入ります。

(4)その他の暗記

 ①1~8ページの英文法の基礎知識を暗記する:動詞の活用等を暗記します。

 ②自作英単語帳の暗記:英単語熟語・表現等は、書いた日から毎日暗記します。

3.4.かかる時間の目安

かかる時間は、学年、英語力によって様々ですが、偏差値58くらいの中学2年生で、概算以下のようになります。

「1~4章~総合力テスト」×3周で約7時間、20章×3周で約40時間、復習(全体を5周する)にプラス15時間、合計55時間前後です。毎日30分で約4ヶ月です。

復習しながら全体の1周を終わらせた後も、2~3ヶ月かけて10周まで復習して(トータル6ヶ月前後)、全問題をスラスラ解けるようにします。

4.「中学ニューコース問題集 中学英文法」の後は

中学ニューコース問題集 中学英文法」で高校入試の標準的な英文法問題は解けるようになります。その後は、下記のような高校入試用英文法問題集を解いて演習量を確保し、高校入試レベルの英文法問題を解けるようにし、英作文を書けるようにしていくのが良いでしょう。

塾で教える高校入試 英語 塾技63」(文英堂)
英文法難関攻略20選」(東京学参)
最高水準問題集 高校入試 英語」(文英堂、難関高校用)
くもんのハイレベル中学英語―文法・作文」(くもん出版)

創賢塾でオススメしているのは「塾で教える高校入試 英語 塾技63」です。問題量が豊富で、英作文問題も多数あり、暗記用例文も約220英文付いているからです。また、レベル分けされているので、自分のレベルに応じて取り組めます。

塾技63」が終われば高校入試レベルの英文法は問題なくなります。高校入試がある生徒は英語長文問題集や過去問に、中高一貫校の生徒は高校英文法に入ります。

【終わりに】

中学生は、英語の先取りをどんどん進めて、英語を得意科目にしていきましょう。

あなたの健闘を祈ります。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 現代文の超効率的勉強法 小論文の超効率的勉強法 古文の超効率的勉強法 漢文の超効率的勉強法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法 日本史の超効率的勉強法 世界史の超効率的勉強法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 国語の超効率的勉強法 古文・漢文の超効率的勉強法 作文・意見文の最速上達法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法