高校生の定期テスト満点戦略(8)現代文④論理的記述力編


高校生が現代文の成績を上げるには、学校の勉強だけでは不十分で、国語力自体を上げる必要があります。このページでは国語の地力(土台の国語力)-根本的読解力・語彙力・論理力(論理的思考力+論理的読解力+論理的記述力+論理的解答力)-のうち、「論理的記述力」を培う勉強法について書いていきます。

【論理的記述力の鍛え方(1)一般記述問題の場合】

1.「論理的記述力」とは

「論理的記述力」とは、文法的に正しく、意味が通じる日本語を書き、かつ「論理の矛盾・飛躍」のない、筋道のはっきりした文章を書ける能力のことです。言い換えれば、説得力のある、分かりやすい日本語を書ける能力のことです。

逆に、「論理的でない記述」とは、例えば、「主語と述語がねじれている(つながっていない、合っていない)、幾通りもの解釈が可能、主語や目的語など必要な言葉がない、つじつまが合わない、最初と最後で言っていることが違う、証明に抜けがあって納得できない、文章が分かりにくい」などです。

2.論理的記述力を鍛えるための問題集

論理的記述力を鍛えるためには、記述問題の論理的な書き方が詳しく解説された以下のような問題集を使います。

「システム現代文」「出口の好きになる現代文」シリーズ(出口汪著、水王舎)
「出口 現代文講義の実況中継」シリーズ(出口汪著)
「出口の現代文レベル別問題集」シリーズ(出口汪著)
「現代文読解力の開発講座」(霜栄著、駿台文庫)
「現代文と格闘する」「入試現代文へのアクセス」シリーズ(河合出版)
「得点奪取現代文記述・論述対策」(河合出版)
「新・田村の現代文講義」シリーズ(田村秀行著、代々木)
「船口の現代文〈読〉と〈解〉のストラテジー」(船口明著、学研)
「きめる! センター現代文」(船口明著、学研)
「現代文のトレーニング」シリーズ(草土力著、Z会)
「上級現代文」シリーズ(晴山亨著、桐原)
「大学入試 全レベル問題集 現代文」シリーズ(梅澤眞由起著、旺文社)

3.一般記述問題の正しい解き方

10~80文字程度の普通の記述問題の場合、正しい解き方とは、以下のように解くことです。

「記述問題には、解答に必ず含まれなければならないキーワード・キーセンテンスが3つ前後ある。それを正しい手順で探し出し、日本語として意味が通じるように、かつ論理的に書く。」

これができるようになるためには、「インストール(問題集に書かれている解答の手順を自分の頭にインストールすること)」という習得法を用いる必要があります。すなわち、以下のようにします。

4.問題解説をインストールして論理的記述力を身につける方法

【問題解説をインストールして、論理的記述力を身につける方法】

(1)初回解くとき:自分のできる範囲で、できるだけ根拠を持って「解答に必ず含まれなければならない3つ前後のキーワード」を探し、それをつなげて書く。

 キーワードの数は記述の長さによって変わります。20字であれば2~3個前後、50字であれば3~6個前後になります。そのキーワードが採点基準になります。ここではキーワードにキーセンテンスも含みます。

(2)書けない場合:本文を3回読んで解き直す:納得できる記述が書けない問題は、できる限り解答・解説を見ず、「本文を3回読んで解き直す」。それでも書けない場合は、解答を見ず、後日また、「本文を3回読んで解き直す」。これを3~4回繰り返し、書けるまで粘って、ともかく自力で書く。

 大問の中で、納得できる記述が書けた問題は解答解説を見ても良い。書けない問題だけ、上記のようにする。

 「本文を3回読んで解き直す」のは、何度も読むことで理解度が上がって解きやすくなるからです。

 また、なぜここまで「自力」にこだわった方がいいかというと、現代文は「思考力」を鍛えるための科目で、1回目、あるいは答えを見るまでは「100%思考力」を使うが、解答を見てしまうと、キーワードの幾つかを覚えてしまい、どうしてもキーワードや解答に沿った内容を書いてしまうためです。そうなると「記憶80%以上、思考力20%以下」になってしまい、思考力の訓練にならないのです。

(3)解答・解説を読む:自力で書けたら、もしくはどうしても書けなかったら、解答・解説を読む。正解ならその問題はOK。

(4)間違えた場合:インストール:「必ず含まれるべき3つ前後のキーワード」をどう探すかを、解説をよく読んで理解し、「探す手順(=探し方=解き方=解く時の考え方)」を記憶する(これがインストール)。

 「探す手順」とは例えば、設問に書いてある言葉から、本文のどこが該当箇所かを判断し、読む範囲を絞る方法、設問に答えるのに必要なキーワードの探し方、キーワードを組み合わせて書くときの注意点など。

(5)解く手順を3回口頭で再現する:すぐに「キーワードの論理的な探し方」を口頭で3回再現してから、書く。

 「3回再現する」ことにより「解く手順」を頭に定着させることができる。書き直すのは、解説を理解しても、実際に書けるかどうか分からないから。

(6)復習のとき:ゼロベースで考える:復習時には正解やキーワードを結構覚えているものですが、それは脇に置き、ゼロベースで(ゼロから自力で考え直して)、初回記憶した「キーワードを探す手順」だけを頼りに、キーワードを探し、書く。根拠を持って書くように努める。

 ゼロベースで考えるのは、記憶の割合を減らし、思考力を目一杯働かせて、思考力を鍛えるためです。

(7)書けない場合:本文を3回読んで解き直す:復習時にも、納得できる答案が書けなかったら、「本文を3回読んで解き直す」を繰り返す。

(8)インストールし、解く手順を3回口頭で再現する:復習時、解答を見て正解ならOK。間違いなら、上記のインストールをし、すぐに「解く手順を3回口頭で再現して書く」。

 以上が記述問題におけるインストールの手順です。以下はそれに関連する付属の内容です。

(9)解答を書き写す:復習時に毎回「解答を書き写す」。

 そうすれば、さらに記述力が上がります。

(10)「記述問題を論理的に解く手順」を大問30問インストールすると、初見の問題でも論理的に書けるようになる

 以上を繰り返し、同じ大問を、1週間に1回、合計5回復習し、10大問、20大問とインストールし続けます。そうすることで、キーワードを探す手順、解く手順が頭にインストールされ、キーワードの探し方が速く上手になり、自信を持って記述問題が書けるようになります。

 問題数の初期の目標は大問30問です。【30問×5回復習(=150回インストールする)】で、記述問題を解く手順が脳内にインストールされ、初見の問題でも論理的な手順で書けるようになります。成績ももちろん飛躍的に上がります。

 そして、30問を超えたら、50問を次の目標にし、インストールを続けます。【50問×5回復習(=250回インストールする)】。50問インストールしたら、見違えるほどスラスラ記述問題が書けるようになるでしょう。

(11)添削:記述問題の解答を専門家に添削してもらう。

 ここまで書いたのは、全て完全自力での「論理的記述力」の鍛え方ですが、記述力はやはり専門家に添削してもらった方が伸びます。できれば学校や塾の先生に添削してもらいましょう。

(12)本文の言葉を使う:記述のときは、できるだけ本文の言葉をそのまま使う。自分の言葉に入れ替えるほど、筆者の主張とは離れていき、間違いとされる可能性が増えるから。

 どうしても本文の言葉で適切な単語がない場合や、字数調整で必要がある場合を除いて、自分の言葉に入れ替える必然性は全くありません。何げなく入れ替えている人も多いですが、部分点を引かれる危険が増えます。本文の言葉をそのまま使う方が安全です。

以上を読むと、やることが多くて大変だと思われるかもしれませんが、慣れれば簡単です。そして効果は絶大です。ぜひ一部でも取り入れてみてください。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の超効率的英語勉強法 高校生の5教科勉強法 高校生の超効率的数学勉強法 高校生の現代文勉強法 高校生の小論文上達法 高校生の超効率的古文勉強法 高校生の超効率的漢文勉強法 高校生の超効率的日本史記憶法 高校生の超効率的世界史記憶法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法