高校生の定期テスト満点戦略(5-1)現代文①定期テスト対策編


現代文(現代国語)は他の科目と違い、定期テスト対策だけをしても満点(あるいは90点以上)を取りづらい科目です。よって、国語力自体を高める勉強も必要になります。

このページから数回にわたって、高校生の現代文定期テスト対策と国語力を上げる勉強法の2つを書いていきます。

1.現代文で満点を目指すための6項目

1.1.現代文の勉強法

現代文の定期テストで満点を目指す勉強法の全体は以下になります。

【現代文の定期テストで高得点を取るための6項目】

(1)教科書30回音読:テスト範囲の文章を毎日10分、合計20~30回音読すると、内容をある程度暗記でき、理解も進むので、成績が上がります。

(2)漢字・語彙・ノートを暗記する:テスト範囲の文章の中の書けない漢字・意味を知らない言葉、授業ノートの暗記事項をまとめ、暗記します。

(3)漢字帳・語彙集を暗記する:テスト範囲に学校指定の漢字帳・語彙集が入る場合はそれらを暗記します。

(4)読解力(文章を深く理解する能力)を上げる:読解力を上げれば現代文の成績は上がります。

(5)論理的読解力(論理的に読む能力)を上げる:論理的読解力を上げれば現代文の成績は上がります。

(6)論理的解答力を上げる:選択肢問題・記述問題・要約問題など、それぞれの問題形式に応じて、専門家が開発した優れた解き方があります。それを身に付ければ現代文の成績は上がります。

1.2.現代文は二段階戦略が必要

定期テストの現代文で高得点を取りづらいのは、他の科目は、教科書や問題集を習得すれば実力がどんどん上がっていくのに対して、現代文では、テスト範囲の文章の語彙を暗記し、ノートの内容を覚え、文章を何度も読んでも、読解力自体はそれほど高まらず、テストの初見の問題(文章は既習でも問題は初見)を解けるようになるとは限らないからです。

また、授業でやったことが運良く問題に出て、点数が良くなっても、それは当然、実力が上がったことを意味しません。

よって、テストの点数を上げるため、また現代文の実力を上げるため、現代文のテスト勉強は二段階戦略をとる必要があります。

一つは、他の教科と同じく、教科書・語彙・ノートなど、学校の学習内容を勉強すること(上記(1)~(3))、もう一つは現代文の地力(国語力)を上げていく勉強をすることです(上記(4)~(6))。

地力を上げる勉強法はこちらで説明します。

2.教科書30回音読

2.1.音読30回

創賢塾では、現代文のテスト範囲の文章を毎日10分、合計30回ほど音読するように指導しています。

30回読めば、内容をかなり覚え、テスト時に本文を読まなくても問題に答えられることも多いので、時間に余裕ができ、難しい問題に時間が使えます。また、内容理解もどんどん深まり、成績が上がりやすくなります。30回音読で読解力自体も徐々に上がっていきます。

30回音読は以下のようにします。

【毎日10分×7日】

テスト範囲の文章を授業と並行して毎日10分音読し、次の週は基本次のテスト範囲を読みます。何回読むかは長さ次第なので、毎日10分と決めて読みます。

例えば、テストまで1ヶ月で、テスト範囲の文章が5ページと10ページの2つの場合、まず前者を1週間毎日10分読み、次に後者を2週間毎日10分読み、最後の週は隔日10分で両者を読みます(テスト直前は国語の比重が低くなるから毎日は読まない)。

2.2.本文の読み方

30回音読のときは、ただ読むだけでなく、以下のようにすれば、更に理解が進みます。

(1)指示語・文章の意味を考える

「指示語(それ、これなど)が何を指すか」や「文章の意味」をしっかり考え、分からなければ友人・先生に聞きます。ただ字面を読むだけで「この文章はどういう意味?」と聞かれて分からないようでは、テストでも高得点は期待できません。

(2)キーワード・キーセンテンス・主張を探す

キーワード・キーセンテンス・主張(結論・筆者の一番言いたいこと)を探し、印を付けながら読みます。これは「論理的に読む」ことにつながり、問題に出る重要な部分を把握できるので、非常に重要です。

キーワードとは、「話題、2回以上出てくる言葉、主張の中の重要な言葉」などです。キーセンテンスは、文章全体の最後、意味段落の最後、「しかし(逆接)、つまり、このように、こうして(結論を導く接続語)」などの論理マーカー(論理関係を示す接続語)の後にあることが多い。

キーワードとキーセンテンスの探し方は詳しくは【適切なキーワードとキーセンテンスを見つけられる論理的読解法】に書いています。

(3)辞書を引く

意味の分からない漢字・評論語・言葉は全て教科書ガイドや辞書で調べて欄外に書き(書いておかないといちいち辞書を引き直す必要があるから)、ルーズリーフにもまとめ、暗記します。言葉の意味が分からなければ文章の意味も分からなくなります。

3.記憶事項を暗記する

3.1.漢字・語彙・ノートを暗記する

教科書の漢字・評論語・文法事項、板書の内容など、記憶すべき項目は全てまとめ、暗記します。

暗記するときは、記憶事項を「現代文の一問一答式まとめ帳」にまとめるのがオススメです。

まとめ帳は、ルーズリーフの真ん中に縦線を引き、「左に問題、右に答え」のように一問一答式でまとめていきます。毎日10分とか、週末にまとめてこれを記憶していきます。語句の意味はガイドに多く載っています。

まとめ帳の例【所在ない|することがなくて退屈なこと。】

3.2.漢字帳・語彙集を暗記する

テスト範囲に学校指定の漢字帳・語彙集などが入る場合はそれらを暗記します。

4.国語力・解答力を上げるために

4.1.学校の限界

学校の授業は「鑑賞」型が多く、「現代文の問題を解く能力」(解答力=国語力)を上げる方法をほとんどの高校では教えてはくれません。

よって、通常、学校の授業は入試(=入学試験を受け問題を解くこと)にはほとんど役立ちません。

ちなみに、ここで解答力とは、「文章を論理的に読む能力」「キーワードやキーセンテンスに適切に印を付けられる能力」「選択肢問題を論理的に解く能力」「記述問題を書く能力」「要約を書ける能力」などを指します。

4.2.塾・予備校の限界

では塾や予備校はと言うと、一部の優秀な予備校講師以外は、現代文の指導法が確立されておらず、問題をたくさん解くばかりで、「どの問題にも通用する普遍的な解き方」を教えてくれるわけではありません。

4.3.自分の限界

また、たとえ「論理的解法」を教えてくれる予備校に通っても、もしくは映像授業を見ても、その「論理的解法」を習得するのは至難です。

なぜなら生徒の側がその「論理的解法を習得するための勉強法」を知らないからです。ただ問題を解き、授業を受け、復習をしても、ほとんどの高校生は論理的解法を習得できません。

ちなみに、その勉強法とは、当塾で「インストール(論理的解法手順を自分の頭にインストールする方法)」と言っている習得法です。インストールについてはこちらで解説しています。

簡単に言うと、インストールとは、講師が言った、あるいは問題集に書かれている「解法の手順(どう考えて解いていくかのプロセス)」を理解し、記憶し、自力でその解法を再現できるように復習するという勉強法です。

4.4.読解力を引き上げる方法を誰も教えてくれない

論理的思考や論理的解法というのは「技術」で、地道にインストールしていけば習得できます。

一方、論理的解法という技術の土台になっている国語力があります。それは「読解力」です。読解力とは、現代文などの文章を読んだり聞いたりしたときに「どれだけ深く理解できるか」という能力のことです。たとえば、「一を聞いて(読んで)十を知る人」は読解力が高く、「十を聞いて一を知る人」は読解力が低いのです。

読解力は、生まれつきの個人差が大きく、また長年の読書や人生経験によって培われるものなので、一朝一夕に伸ばすのは容易ではありません。

しかし、伸ばす方法はあります。その「読解力」と「論理的解法」を伸ばす方法を創賢塾では確立しており、教えています。

それを次のページからご説明します。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 現代文の超効率的勉強法 小論文の超効率的勉強法 古文の超効率的勉強法 漢文の超効率的勉強法 日本史の超効率的暗記法 世界史の超効率的暗記法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文・意見文の最速上達法 中学生の社会勉強法