高校生の定期テスト満点戦略(7)漢文


高校生が定期テストの漢文で9割とるのは十分可能です。テスト範囲の漢文を「訓読+現代語訳」できるようにし、語句を覚え、別途句法を全部暗記すればOKです。

このページでは漢文で満点を目指す勉強法について書いていきます。

1.漢文満点戦略

漢文の定期テスト対策は、以下のように勉強していけば、高得点を狙えます。満点を取るつもりで、「できること全て」をやりましょう。

【漢文で高得点を取るための6項目

(1)漢文の訓読:テスト範囲の漢文をスラスラ訓読できるようにする。やり方は以下。

【「1文ずつ訓読し、書き下し文で確認し、正解なら次へ、できなかったり間違いなら印を付け、スラスラ訓読できるまで3回前後訓読する×半ページ」×1日3周×7日】

(2)現代語訳できるようにする【点やマルなどの意味の区切りで、「書き下し文⇒現代語訳」×3回音読×半ページ×1日3周×7日】

(3)語句の暗記:意味が分からなかった語句に印を付け、ルーズリーフにまとめ、暗記する。暗記法は以下。

【「語句⇒意味」×3回音読×語句全体×1日6周×7日】

(4)問題演習:テスト範囲の問題集・問題プリントがある場合は5回ほど解いて習得する。

(5)漢文の実力を上げる1:句法の暗記:テストで高得点をあげるためには、テスト範囲の文章を「訓読+訳の暗記」できるだけでは不十分で、70ほどの句法をきちんと暗記しておく必要がある。句法は教科書や問題集で暗記する。

(6)漢文の実力を上げる2:「訓読+現代語訳」できる文章を30ページ以上にする:上記を全部やっても9割以上にならない場合、実力を上げるために、「訓読+現代語訳」できる漢文を毎週1ページ増やし、30ページ、50ページと増やし、入試までに100ページ以上にする。これが漢文の実力を上げる王道だ。

2.「訓読+現代語訳」暗記法

漢文は、「訓読できて訳せる」ようにする必要があります。そして最終的に、「スラスラ訓読でき、スラスラ訳せる」ようにします。

そのための勉強法は以下の通りです。

【漢文の「訓読+現代語訳」暗記法】

【「訓読暗記⇒現代語訳の暗記」×1日3周×7日】

(1)訓読暗記法【「1文ずつ訓読し、書き下し文で確認し、正解なら次へ、できなかったり間違いなら印を付け、スラスラ訓読できるまで3回前後訓読する」×半ページ×1日3周×7日】

 ①一度に「訓読+現代語訳」する量は約半ページ:1ページだと長くて訓読や訳を覚えにくいから、半ページ(5~8行)を1セットにし、暗記していく。半ページを「訓読+訳の暗記」して時間があれば次の半ページへどんどん進める。

 ②2周目以降は印のついた文のみ訓読。

 ③4日目以降毎日テストし、訓読を即答できない箇所のみ訓読していく。

 ④以上を7日行う:同じ半ページを7日間行ったら誰でも普通スラスラ訓読できるようになる。そうしたら次の半ページに移行する。

(2)現代語訳の暗記法【点やマルなどの意味の区切りで、「書き下し文⇒現代語訳」×3回音読×半ページ×1日3周⇒テストし訳せない箇所に印⇒そこを3回訳す×3周】×7日

 ①「訓読+現代語訳」の暗記は7日間続ける:訓読の暗記を半ページし終わったらすぐに訳の暗記に移る。

 ②テストし、スラスラ訳せるようにする【「書き下し文⇒現代語訳」×3回音読×半ページ×1日3周】したら、漢文を見て訳すテストをし、訳せない単語・部分に印をつけ、そこを【「漢文を見ながら現代語訳する」×3回×半ページ3周】し、スラスラ訳せるようにする。訳に詰まったら現代語訳をすぐ見て良い。

 例えば、7ヶ所に印を付けたら、それぞれ3回訳し、7ヶ所を終わったらそのままプラス2周してスラスラ訳せるようにする。これを毎日行う。

 ③次へ:半ページの「訓読+現代語訳」を3周し、時間があれば、どんどん先へ進める。

 ④4日目以降は毎日テストから始める:漢文を見て訳すテストをし、印を付けた部分を【「漢文を見ながら現代語訳する」×3回×3周】し、全文でスラスラ訳せるようにする。

 ⑤以上を7日行う:同じ半ページを7日間行ったら誰でも普通スラスラ訳せるようになる。そうしたら次の半ページに移行する。

(3)テストまで復習:先へ先へ進んで復習しなかったら忘れるので、テストまで週2回復習する。

 ①訓読の復習【印部分を「3回訓読する×3周」×週2回×テストまで】

 既習部分を1回通して訓読し、書き下し文で確認し、間違いの箇所に印を付け、スラスラ訓読できるまで印部分を上記のように暗記する。

 ②現代語訳の復習【印部分を「漢文を見ながら現代語訳する」×3回×3周×週2回×テストまで】

 毎回漢文を見て訳すテストをし、間違いの箇所に印を付け、印を付けた部分を上記のように暗記する。訳に詰まったら現代語訳をすぐ見て構わない。

3.語句の暗記

意味が分からなかった語句に印を付け、ルーズリーフやノートにまとめ、暗記します。まとめ方は、ルーズリーフの真ん中に縦線を引き、左に質問、右に答えを書きます。

【寡人|かじん。王侯の自称、謙称。】

暗記法は以下。ここでは30語を暗記するとします。30語で1日約10分です。

【「語句⇒意味」×3回音読×語句全体(30語)×1日6周×7日】

4.問題演習

テスト範囲の問題集・問題プリントがある場合は5回ほど解いて習得します。答えは暗記します。

なぜその答えになるのかを、解答・全訳などを参照し、完全に理解します。

5.漢文力を上げる1:句法の暗記

定期テストの漢文で高得点をあげるためには、テスト範囲の文章を「訓読+訳の暗記」できるだけでは不十分で、70ほどの句法を「スラスラ訓読+現代語訳」できるようにしておく必要があります。

句法は教科書や問題集で暗記しますが、ここでは、必要十分な句法が網羅され、見やすく書かれた、人気の「漢文ヤマのヤマ パワーアップ版」(三羽邦美著、学研)を例に、句法の暗記法を書いていきます。

漢文ヤマのヤマ」習得法

(1)66の句法を「訓読+現代語訳」できるようにする

 ①学習の心得:「パート1・学習の心得」を読み、理解し、重要部分にマーカーを引き、暗記する。

 ②パート2の句法の例文を訓読できるようにする:訓読し、書き下し文で確認し、正解ならOK、できなかったり間違いなら印を付け、スラスラ訓読できるまで3回前後、訓読する。

 ③句法例文を現代語訳できるようにする:句法例文を訳し、現代語訳で確認し、正解ならOK、できなかったり間違いなら印を付け、以下のように訳を暗記する。

【点やマルなどの意味の区切りで、「書き下し文⇒現代語訳」×3回音読×1文×3周⇒漢文を見てテストし訳せない箇所に印⇒そこを3回訳す×3周】

 ④解説を理解し暗記する:解説を読み、重要な部分にマーカーを引き、暗記する。2周目以降はそこを中心に読む。

 ⑤演習ドリル:課題の漢文を、例文と全く同様にして、訓読でき、訳せるようにする。

 ⑥10周して習得する:1日6つなど進め、66番まで終わったらすぐ2周目に入り、全部で10周し、全ての漢文をスラスラ「訓読+現代語訳」できるようにする。

 ⑦2ヶ月復習して長期記憶に入れる:10周したのちも、「週1周×2ヶ月」復習し、また夏休みなどに復習し、長期記憶に入れる。

(2)語彙の暗記

 パート2に4ヶ所ある「意味のヤマ漢ベスト50」などの暗記事項を暗記する。「意味のヤマ漢ベスト50」の場合、以下のように暗記する。

【「印の言葉の意味を3回音読」×見開き2ページ3周×7日⇒2ヶ月復習】

 ①読みをペンなどで消す:読みも覚えるため。

 ②暗記:下を紙で隠し、言えなかったり間違えたら印を付ける。印を付けた語彙を以下のように暗記する。

【「語彙⇒意味」×3回音読×1日6周×7日】

 ③以上を7日間続け、即答できるようにする:4日目からテストし、即答できなかった語彙だけ暗記を続ける。

 ④暗記後、2ヶ月復習し長期記憶に入れる【2ページを5分で復習×週2回×2ヶ月】

 残りの3箇所も同様に暗記する。

(3)収録のセンター過去問を習得する

 ①時間通り解く⇒延長して解く:制限時間内に解けなかったら延長して解く。自分の今の実力でどの程度解けるか知るため。解かなかったら問題(センター過去問)がもったいない。

 ②解答解説・書き下し文・全文訳を見て理解する:なぜ間違えたか、どこが分からなかったかを完全にはっきりさせ、次回解いたら、スラスラ解けるように理解する。

 ③「訓読+現代語訳」できるようにする:上記2章の【漢文の「訓読+現代語訳」暗記法】の通り。2ヶ月復習し、長期記憶に入れる。

 ④5題を3周解き、問題や解き方にも慣れる。

6.漢文力を上げる2:「訓読+現代語訳できる」漢文を増やす

6.1.漢文の実力を上げる王道=習得

漢文の実力を上げる最も正統的な方法は、「スラスラ訓読+現代語訳できる漢文の数を増やす」ことです。

そのため、創賢塾では生徒に、毎週1ページ漢文を習得するよう指導し、30ページ、50ページと増やし、入試までに100ページ以上にしてもらっています。

ここで「習得する」とは、「スラスラ訓読+現代語訳できるようにする」という意味です。

6.2.習得した漢文を週1ページ分増やす

漢文の実力を上げたかったら、「訓読+現代語訳」できる漢文を「増やす」しかありません。

この場合、「増やす」というのは、いったん習得してどんどん忘れるという普通の勉強法ではなく、毎週新規で習得し、一度習得した漢文を全部2ヶ月以上復習して長期記憶に入れ、いつでも全部、「スラスラ訓読+現代語訳できる状態を保つ」、という意味です。

例えば、10週目が終わったら、10ページ分全部を「スラスラ訓読+現代語訳」できる状態を維持します。

6.3.習得した漢文を毎週復習する

習得を維持するためのカギは「2ヶ月間の復習」です。習得した後、2ヶ月復習すれば、長期記憶に入り、入試でその知識が使えます。

習得したあとの復習は以下のようにします。時間は長さや漢文難易度によります。

【長期記憶に入れる漢文復習法

(1)訓読の復習【テストし、間違いの印部分を「3回訓読する×3周」×週2回×2ヶ月】

 1ページ分を1回通して訓読し、書き下し文で確認し、間違いの箇所に印を付け、スラスラ訓読できるまで印部分を上記のように暗記する。

(2)現代語訳の復習【テストし、間違いの印部分を「漢文を見ながら現代語訳する」×3回×3周×週2回×2ヶ月】

 1ページ分、漢文を見て訳すテストをし、間違いの箇所に印を付け、印を付けた部分を上記のように暗記する。訳せなかったら現代語訳をすぐ見て構わない。

(3)夏・冬・春休みに復習する:2ヶ月復習するといっても、普段から漢文を毎日勉強することは実際には難しいし、定期テストなどもあり、2ヶ月は復習できないかもしれない。

 よって、長期休暇中、特に夏休みに、それまで習得した漢文を全て復習し、「スラスラ訓読+現代語訳」できる状態を復活させると良い。

これを続けて、5週間目の勉強内容と時間はだいたい以下のようになります。

【5ページ目:毎日15分(訓読の暗記+現代語訳の暗記)×7日=2時間弱】【4ページ分の漢文の復習:1ページ分10分×週2回×4ページ=80分】

復習時間は、その漢文を「スラスラ訓読+現代語訳」を維持できるかどうかで決めます。1ページを週20分復習すれば維持できるなら、それは20分で良くて、週20分だとだんだんスラスラできなくなるページは25~30分など時間を増やします。

同じ漢文を何週間も復習するので、復習時間はだんだん短くなるはずです。

6.4.習得した漢文をルーズリーフにリスト化して管理する

 「毎週1ページ分の漢文の習得」を3ヶ月も続けると、10ページ以上になり、どれをいつ復習するかを頭の中だけでは管理しきれなくなります。

 そこで、例えば以下のようにルーズリーフにリスト化して管理します。

【教科書・臥薪嘗胆(十八史略)1ページ分|9/10~17、習得OK、9/25復習10分維持OK……】

 習得した漢文を全てルーズリーフにまとめると、リストを見て、前の日付から3~7日経った漢文を復習すればよいと分かります。

【終わりに】

漢文は、以上を授業と並行して進めれば、満点が狙えますし、得意科目にできます。ご健闘を祈ります。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 現代文の超効率的勉強法 小論文の超効率的勉強法 古文の超効率的勉強法 漢文の超効率的勉強法 日本史の超効率的暗記法 世界史の超効率的暗記法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法