数学勉強法(2)10分で解き方を暗記する口頭再現法


このページでは、創賢塾開発の口頭再現法について書いていきます。

口頭再現法は、数学や物理のほとんど全ての問題を10分前後で「問題を見たら解き方がスラスラ言える状態」にできる、画期的勉強法です。

口頭再現法を取り入れればあなたの数学の成績は確実に上がっていくはずです。

1.口頭再現法

1.1.口頭再現法の目標

口頭再現法の3つの目標

(1)10分で「問題を見たら解き方がスラスラ言える状態」にする

 数学問題集の間違えた問題の解き方を、5回前後口頭で言うことで「問題を見たら解き方がスラスラ言える状態」にします。

 こうすることで類題が速く正確に解けるようになり、応用問題も解き方が浮かびやすくなるので、成績が上がります。

(2)中期記憶に入れる

 「翌日復習⇒毎週末復習×5回」することでスラスラ解けるようになり、中期記憶(数週間~数ヶ月もつ記憶)に入れられます。中期記憶に入れば定期テストは万全です。

(3)長期記憶に入れる

 更に「毎週末復習×2ヶ月以上(目標20回以上)」復習するこで、長期記憶(数ヶ月~数年以上もつ記憶)に入れることができるので、実力がどんどん上がっていき、入試でもその記憶を使うことができます。

1.2.口頭再現法の優位性

「問題を見たら解き方がスラスラ言える状態」にするためには2つの方法があります。1つは5~10回以上の復習、もう1つが口頭再現法です。

口頭再現法であれば10分でスラスラ言える状態になり、復習時間が激減するので、5~10回以上の復習よりオススメです。

1.3.口頭再現法の対象となる問題

口頭再現法の対象問題は以下の2つです。

(1)初回解けなかった問題で、解答解説を見たら分かった問題、もしくは学校や塾の先生などに聞いたら分かった問題。

(2)たとえ初回に解けたとしても、次回解けるか分からない難しい問題。

理解できない問題を覚えても全く意味がありませんから、しっかり理解します。また、初回できた問題は、時間の都合で口頭再現法はやらなくて結構です。初回できた問題は、復習せず1ヶ月後に解いてもだいたい解けるからです。

もちろんやった方が良いのですが、まずは「できなかった問題をできるようにする」ことが実力を上げるということなので、解けなかった問題を先に解けるようにします。

解けなかった問題を全て解けるようにして、更に時間があるようなら、解けた問題も口頭再現法をするのはOKです。解けたといっても、時間が掛かる問題も結構あるはずなので、スラスラ解けるようになれば、更に成績は上がります。

2.口頭再現法の実際

2.1.口頭再現法

【数学の解き方を10分で暗記する口頭再現法】

(1)書いて解く

 ①書いて解く:通常通り、書いて解きます。初回から解けた問題は口頭再現法をしません。

 5分以内に解けなければ、問題に印を付け、解答解説を読み、分からなかった箇所にマーカーを引き、解き方を理解し暗記して、再度書いて解きます。

 ②解答解説で理解する:解けたら、解答解説を見て理解し、自分の解答に足りないところがあれば自己添削し、解答の方が良い解き方だと思えばそれを覚えます。 解答解説を読んで理解できなければ学校の先生などに聞いて必ず理解します。

 ③一度書いて解けるまで解く:解けずに解答を見て理解し、そのまま口頭再現法をすることはしません。必ず書いて解けるまで頑張ります。

 書いて解ければある程度しっかり理解していますが、解けずに解答を見て理解しただけでは、理解したつもりになっているだけの(あるいは理解が浅い)可能性があり、理解が浅いと数学的思考力が育たないからです。

(2)解けなかった問題を口頭再現法【「解き方を最初から最後まで口頭で再現する」×5回】

 ①友達に解説するように言う:友達にその問題を解説するように分かりやすく話します。図や式を書く必要があれば毎回書きます。

 ②解答を見ても良い:解き方に詰まったら、解答や自分が解いたノートを何度見ても良い。ただし、見ながらは言わず、見て、理解し、暗記して、詰まった箇所から自力で言います。

 ③計算は見ても良い:複雑な計算は答えを見たり暗記して言っても良い(計算の問題ではなく解き方を覚えるためだから)。

 ④回数の目安は5回:解き方を口頭でスラスラ言えるまで3~10回言います。回数は「全体を3回連続で解答を見ずにスラスラ言えるまで」。目安は5回。難しい問題は5~10回、簡単な問題は3~4回など。

 ⑤時間を計る:毎回時間を計り、記録しておきます。問題にもよりますが、初回3~4分かかって解答を数回参照する状態で、2~3回続けたらだんだん暗記し、4~5回やればたいていの問題は1~2分以内に自力でスラスラ言えるようになります。5回で合計8~12分前後。

 ⑥毎日新規の問題を最低3つ行う:毎日できれば5つ、最低3つ行います。毎日3つ行えば、1ヶ月で約100問になります。100問を「問題を見たら解き方がスラスラ言える状態」にできればテストでの点数は上がるでしょう。

(3)復習【翌日復習⇒毎週末1回×2ヶ月以上復習⇒長期記憶】

 ①復習:翌日口頭再現法で復習し(書いて解かない)、次の土日から毎週1回、2ヶ月以上復習して「初日の5回目の時間」を維持します。

 定期テスト範囲については、テストまで毎週末1回復習して「初日の5回目の時間」を維持します。

 ②復習は口頭再現法:復習の時は基本、口頭再現法で言うだけで、書く必要はありません。しかし、間隔が空いて、解き方をかなり忘れていると思えば一度書いて解き、口頭再現法を5回行います。

 ③復習時の口頭再現法の回数の目安:目安は1~2回ですが、回数は問題により異なります。真の目安は「初日の5回目(最終回)の時間を維持できる回数」。

 例えば、「初日の5回目の時間」が1分半弱の場合、2回目に1分半を切れば2回、切れなければ、切れるまで3~4回行います。

 ④長期記憶に入れる:テスト範囲の場合もそうでない場合も、2ヶ月間以上、週1回口頭再現法の復習を続けて長期記憶に入れます。更に、夏・冬・春休みにも既習範囲を全て復習し、学年が終わった段階で「既習範囲の問題を全て解ける状態」で次の学年に進級します。

 そうすれば、実力が上がり、模試や入試で偏差値・得点が上がります。

2.2.復習の実際

例えば、学校では、数学2が第6章、Bが第3章をやっていて、次の定期テストまでまだ5週間ある場合、以下のように復習を組んでいきます。

(1)今週:「数2:新規で6章を習得、+4~5章の復習」「数B:新規で3章を習得、+2章の復習」、

(2)次週:「数2:新規で6章を習得、+2~5章の復習」「数B:新規で3章を習得、+1~2章の復習」、

(3)次々週:「数2:新規で7章を習得、1~6章の復習」「数B:1~3章の復習」

大変そうに見えるでしょうが、創賢塾では実際にこうして復習してもらっていますから、あなたにもできるはずです。口頭再現法で習得していたら復習時間は1問2~3分前後ですから、ほとんど掛かりません。

3.口頭再現法の効果

(1)10分で解き方が深く理解し記憶できる:2~3週間は覚えていられます。生徒の中には、1回口頭再現法をやっただけで、復習しなくても1ヶ月後でも解ける、という人もいます。

(2)復習時間が激減するから、習得できる問題数が増え、1冊丸ごと習得できる:先に進めつつ復習することが容易になり、1冊丸ごと長期記憶に入れられます。

(3)応用問題が解けるようになる:「応用問題」とは「典型問題(例題)に出ていなかった新規な解き方を使った問題」ではなく、「典型問題の解き方を組み合わせた問題」なので、典型問題をスラスラ解けるようにしておけば、応用問題も解ける割合が増えます。

 応用問題もスラスラ解けるようにするには、応用問題をたくさん解いて、応用力(典型問題の解き方を自在に組み合わせて発想し解く能力)を磨く必要があり、これも口頭再現法を使えばたくさん習得できるので、有利になります。

(4)成績が上がる:多くの問題で「問題を見たら解き方がスラスラ言える状態」になるので、テストで類題を素速く解けるようになり、応用問題に時間が割けるようになるので、成績が上がります。

(5)見通しが立つ:普通は難しい問題は手探りで一歩一歩解決していきますが、この方法により、解き方の最後までの見通しが立ち、思考が連続するようになります。つまり、口頭再現法は数学が超得意な人(偏差値70以上)の解き方・考え方を再現できる方法です。

4.口頭再現法を続けるために

やってみたら分かりますが、口頭再現法は集中力がかなりいるので、結構ハードです。創賢塾の生徒でも、しばらくチェックしないとやらなくなる生徒が多少います。

よってあなたが実際にやってみて、続きそうにないと思ったら、創賢塾にご連絡下さい。あなたをサポートして続けられるようにします。続ければ、ほぼ確実に成績は上がります。

【終わりに】

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

このページに書いたことを1つ1つ実行すれば、数学の実力と成績を上げることができます。

あなたの健闘を祈ります。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 現代文の超効率的勉強法 小論文の超効率的勉強法 古文の超効率的勉強法 漢文の超効率的勉強法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法 日本史の超効率的勉強法 世界史の超効率的勉強法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 国語の超効率的勉強法 古文・漢文の超効率的勉強法 作文・意見文の最速上達法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法