キーワードとキーセンテンスを適切に付ける方法


国語の文章には「正しい読み方=論理的読解法」があります。その核心となるのが、「要点=重要な部分=キーワードとキーセンテンス」に印を付ける読み方です。

このページではその具体的な印の付け方を書いていきます。これを読み、理解し暗記し実践すれば、あなたの読み方は飛躍的に向上し、国語の成績も上がるでしょう。

1.なぜ要点に印を付けるべきか

(1)キーワードとキーセンテンスに印を付ければ、重要な部分と重要でない部分が区別できる。

 たいていの中学受験生は、どこが重要で、どこが重要でないか、分からないまま問題文を読んでいます。しかし、重要な部分(要点)が問題に出ますから、読みながら重要な部分が分かった方が良いのはもちろんです。

 そして、重要な部分とは「キーワードとキーセンテンス」です。よって、キーワードとキーセンテンスに印を付けましょう。

(2)要点に印を付けると、正答率が上がる。

 出題者側(中学)は、「どこが要点かが分かり、その意味が分かる受験生(=優秀な受験生)」をとりたいと思っていますから、国語の問題は、要点に傍線が引かれたり、要点が答えに関連するように作られています。

 よって、要点に印を付け、覚えておくと、正答率が上がります。

(3)要点に印を付けると問題を解くときに探しやすい。

 問いは、問題文をある程度正確に覚えていないと解けません。しかし、全部を覚えておくことはできません。

 そこで、要点に印を付けておくと、その要点(=問いになったり答えに関連する部分)をある程度覚えていられ、また、探しやすくなり、その結果、得点が上がります。

2.説明文におけるキーワードとキーセンテンスの探し方

2.1.キーワード・キーセンテンスとは

 キーワードとは「カギとなる重要な言葉・連語」のことで、キーセンテンスとは「カギとなる重要な文」のことです。ちなみに、主張とは「筆者が一番言いたいこと」なので、最も重要なキーセンテンスになります。

 キーワードは単語とは限らず、連語(フレーズ)の場合も多い。また、キーセンテンスは丸から丸までの1文全体とは限りません。1文の一部のことも、2~3文にわたる場合もあります。

 よって、ここでは便宜的に10字以上をキーセンテンスと言い、10字未満をキーワードと言います。

2.2.印の付け方

 創賢塾では、キーワードは丸で囲み、キーセンテンスは<>でくるむことを生徒に推奨しています。

 キーセンテンスには傍線を引く人が多いですが、2~3行にわたる場合もあるキーセンテンスに傍線を引くと、きたなくなり、問題の傍線部が見にくくなるので、傍線は引かない方が良いのです。

2.3.キーワードの探し方

【説明文のキーワードの探し方】

①「話題(=主題=テーマ)」はキーワード。

 話題とは「その文章は何について書かれているか」ということだ。論理的な文章を読むときの最優先事項は話題を見つけることで、次は「話題について、筆者は何が言いたいか(主張)」を探していくことになる。

 話題と主張を混同する人が多いが、全く異なるのできちんと区別して覚えること。

 話題については「日本・環境問題・日本語」のような大きな話題が正面から語られることはほぼ無く、「日本の大衆文化・日本語の擬音語と詩歌・現代日本の木製建築技術」のような少しマイナーな話題(連語)になる。

②2回以上出てくる言葉はキーワードの可能性が高い。

 ただし、「話す、作る、生活」などの普通の言葉は、2回以上出てきてもキーワードの可能性は低い。

③強い言葉1:強調表現:強調表現の前後の強調される部分はキーワード・キーセンテンスになる可能性が高い。

 強調表現とは「とても、非常に、最も~、重要なのは~、本質、根源的、基本的、こそ、まさに、実は、~が重要だ」などで、強調表現自体が重要なのではなく、その前後で強調されている部分が重要になる。強調表現は四角でくるむ。

 強調表現とは、筆者がわざわざ「これは重要ですよ」と示してくれている内容だ。よって重要になる。

④強い言葉2:普段あまり使われない、筆者独特の表現が重要なことがある。

 例えば、「先入主、間の文化、対象化、造形意志、外部化、批評家気質」など。

主張にはキーワードがたいてい入っているので、主張を見つけたら注意深くキーワードを探す。

 一つの評論文には1~2の主張がある(同じ内容を言い換えて3~4箇所の場合も多い)。

2.2.キーセンテンスの探し方

【説明文のキーセンテンスの探し方】

①文章の最後にはキーセンテンスがある。

 主張・結論は最重要のキーセンテンスで、主張は文章の最後(最後5~10行前後や最後の段落)にあることが多いので、文章の最後を注意深く探す。

②キーセンテンスは「しかし・だが(逆接)、つまり・要するに・すなわち、したがって・ゆえに・それゆえ・だから、このように・こうして・結局、いずれにしても(結論を導く)」などの特定の接続語の後にあることが多い。

 この13の接続語は暗記する。そうすれば文章の中にあったらすぐに見つけられる。

③「(私は……と)思う、考える、気づいた」「~すべきだ、しなければならない」などとあったらそれは主張の可能性が高い。

④「~~のだ、なのだ、なのである」「反語表現(……ではないだろうか、……なのではないだろうか、……と言えないだろうか)」が付く文はキーセンテンスであることが多い。

⑤問題提起の答えは必ず重要なのでキーセンテンス。

 「問題提起」とは、文章の中で筆者が読者に問いかけるような文のことだ。例えば、「日本の現代建築の最大の特徴は何だろうか?」など。

 筆者は問題提起の答えを知っているが、それをなぜわざわざ疑問形にして話を長くするのかというと、その答えが重要だから。よって、問題提起があったら、その答えを探しながら読み、答えを見つけたら印を付ける。

⑥「根拠(具体例・体験談・引用など)」は重要度が低いので、キーセンテンスにはなりにくい。

 説明文の一つ一つの文は、主に、「主張」と「根拠(説明、定義、具体例、科学的データ、引用、体験談、対比、因果関係、予想される反論とそれへの反駁、比喩など)」の2つに分けられる。

 根拠は主張のサポートの要素なので、重要性は低い。

 逆に、主張やキーセンテンスは「抽象的なまとめ」(言葉が抽象的になる)。

⑦普通のことは重要ではない。変わったこと、普通でない事実・意見・体験、常識に反する事実・意見が重要。

 常識的な内容と常識に反した内容が対比して書かれていたら、たいてい後者の方が重要になる(常識はこうだが、実はこうだ、など)。

 普通のこと・常識的なことを書いても、みんな知っているから重要ではない。逆に、普通でなく常識に反するが、説得力のある文章が、重要だし評価される。

⑧内容:以上の要素で当たりをつけた個所が、内容的に重要なら、キーセンテンス。

 ①~⑦の内容は、(「思う」と書いてあるなど)形からある程度分かるが、それに加えて内容が重要なら、キーセンテンスになる。

3.物語文・詩におけるキーワードとキーセンテンスの探し方

【物語文・詩のキーワード・キーセンテンスの探し方】

(1)説明文のキーワード・キーセンテンスの探し方は物語文・詩でも有効なので、使用する。

以下、(2)~(4)は主に物語文のキーワード・キーセンテンスを書くが、詩でも使える。

(2)気持ちを探す。

 気持ちとは、「感情・考え」の2つを指す。気持ちには以下の3つの表現方法がある。

①言葉・せりふで直接書かれている場合:悲しかった、歓喜に浸った、など。

②動作:コップを落とす(ショック)。うつむく(恥ずかしい、落ち込む)など。

③情景描写:登場人物の気持ち・心情・感情が表れている風景の描写:空が青く晴れ渡る=心がすがすがしい、明るい、など。

 以上3つを見つけたら、丸や<>カッコでくるむ。

(3)気持ちのほかのキーワード・キーセンテンスは以下の3つ。

④登場人物やその状況:登場人物全てに印を付ける(同じ人物は初回のみ)。主人公の性格(内気など)、状況(お母さんが病気など)、人間関係(父親と疎遠など)、時代(現代か戦争直後かなど)、場所に印をつける。

⑤事件とその前後の人間関係や感情の変化:物語文では、途中必ず事件が起こる(友人との仲違い、病気等)。その事件や、事件前後の人間関係や感情の変化に印をつける。

⑥場面の転換:場面の転換はよく問題に出る。時間(回想シーン)、夢、場所の変化があったら、二重傍線などで区切る。

(4)リード文と題名も要注意

 リード文(冒頭で人間関係や状況を説明した部分、前書き)の中の登場人物・状況にも印を付ける。題名は必ず確認する。

4.随筆におけるキーワードとキーセンテンスの探し方

【随筆のキーワードとキーセンテンスの探し方】

随筆は説明文と物語文の両方の性質を持つので、説明文のキーワード・キーセンテンス(主張、強い言葉など)、物語文のキーワード・キーセンテンス(気持ち、登場人物、事件等)に印を付ける。

5.推奨問題集

 以上、「キーワードとキーセンテンスの探し方」を解説しましたが、残念ながら、国語は探し方を理解しただけでは、実際に適切に探せるようにはなりません。トレーニングが必要です。

 そこで、キーワードとキーセンテンスが適切に探せるようになる、優れた問題集をご紹介します。以下の問題集を解き、解説を習得すれば、実際にあなたの国語の成績は上がっていくでしょう。

「国語の読みテクトレーニング 説明文・説明文」(文芸社、中学受験用要約問題集)

 要約は「キーワードとキーセンテンスを探して、まとめて書く」ことですから、キーワードとキーセンテンスの探し方の良い訓練になります。

 「読みテク」以外に小中学生用の要約問題集はほぼありません。よって、「読みテク」を終わった後は、問題集の文章を要約して、塾の先生に添削してもらうのが良いでしょう。

終わりに

 ここまで、国語のキーワードとキーセンテンスの探し方を書きました。これを理解し記憶して使っていけば、国語の成績は実際に上がっていきます。ぜひ有効活用していただけたらと思います。

 ただし、自分だけでこれを理解し正しく使えるかは人によります。できれば塾の先生などに添削してもらった方が良いでしょう。

 周りに添削してくれる人がいない場合は、創賢塾でもキーワードとキーセンテンスの付け方、論理的な読み方・解き方、要約法の指導をしています。

 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。あなたの健闘を祈ります。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 高校生の超効率的英語勉強法 高校生の超効率的数学勉強法 高校生の現代文勉強法 高校生の小論文上達法 高校生の超効率的古文勉強法 高校生の超効率的漢文勉強法 高校生の超効率的日本史記憶法 高校生の超効率的世界史記憶法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法