勉強時間を増やす方法


成績を上げるには、勉強時間を増やし、勉強法・暗記法を改善することが必要ですが、最も重要なのは勉強時間を増やすことです。毎日の勉強時間が1時間のままで、点数だけを10点、20点上げ、90点を超えたいというのは甘い。

成績が良い生徒ほど勉強時間を取っています。自分より成績が良い生徒に勝つには毎日4時間以上、土日は8時間以上勉強しましょう。

このページでは勉強時間を増やす工夫を書いていきます。

【勉強時間を増やし、集中力を上げる9つの工夫】

(1)すき間時間を活用する:電車やバスで通学している人は、その間に英単語などの暗記をしましょう。その際、今日はこれ、明日はこれと違ったものをやるのではなく、毎日同じ教材を暗記します。その方が効果が目に見えるからです。

 例えば、英単語帳を毎日往復40分暗記すれば、それだけで週100ワード、2ヶ月で800ワード暗記できます。また、スマホなどを学校に持っていって良ければ、通学等で歩くとき、英単語帳やコミュ英の音声を聴きます。

(2)勉強時間を徐々に増やす:今まで2時間しか勉強していなかった人が、いきなり3時間、4時間にすると、反動でやる気がなくなり、勉強時間が逆に減る可能性があります。よって、勉強時間は「徐々に」増やすのがオススメです。

 例えば、勉強時間が今2時間の人は、2時間15分にして2~3週間続け、慣れたら2時間半にし、また慣れたら2時間45分にする、などです。

(3)同じ種類の勉強を続けない:「数学⇒物理」「英単語暗記⇒社会の暗記」など、同じ種類の勉強を続けると頭が疲れやすいので(脳の同じ部位、近くの部位を酷使するため)、「英単語暗記⇒数学⇒英文音読⇒物理⇒社会の暗記」など、違う種類の勉強を組み合わせて続けるのがオススメです。

(4)適宜休憩を取る:人によって集中力、集中時間が異なりますので、一概には言えませんが、「50分勉強⇒10分休憩」など、自分に適した休憩を取ると、逆に実質勉強時間は増えたりします。

(5)集中時間を徐々に長くする:例えば、英単語の暗記が15分以上続かない場合、「これ以上ムリ」と思ったところから頑張って5分続けてみます。このように、少しずつ集中時間を伸ばす努力をすると、実際に集中時間は伸ばすことができます。

(6)姿勢を変える:英語の音読、英単語の音読での暗記、社会教科書の音読・黙読などを、机の前に座って勉強すると、ストレスがたまりやすく、15分以上続きにくい。

 しかし、音読・黙読は机の前に座ってやる必要はないので、立ったり壁にもたれたりしゃがんだりベットに座ったりして姿勢を変えるのがオススメです。ストレスがたまりにくく、30~60分続けられるようになります。

 一番ストレスがたまりにくいのは、直径1メートルくらいの円周を5~8秒かけてゆっくり歩くことです。ぜひ試してみて下さい。

(7)仮眠を取る:学校から帰ってきてすぐは、頭も身体も疲れているので、いきなり勉強をやる気にならない人も多いでしょう。その際は30~45分程度仮眠を取るのがオススメです。

 ただし、1時間以上は取らないようにします。夜寝付きが悪くなり、寝不足になる可能性があります。

(8)運動する:勉強の合間の休憩中に5分ほど軽い運動-家の周りを散歩する、腕立て伏せ・腹筋運動・スクワットなど-をすると、気分が変わり、勉強しやすくなります。

(9)シャワーを浴びる:シャワーや風呂の時間を、勉強の合間に上手く入れると、気分転換になります。

 例えば、土日や夏休みなどで1日10時間以上勉強したい場合、「(50分勉強⇒10分休憩しながら)3時間勉強⇒食事⇒30分仮眠⇒3時間勉強⇒散歩10分⇒2時間勉強⇒夕食⇒シャワー⇒2時間勉強」など、工夫します。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の5教科勉強法 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 現代文の超効率的勉強法 小論文の超効率的勉強法 古文の超効率的勉強法 漢文の超効率的勉強法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法 日本史の超効率的勉強法 世界史の超効率的勉強法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 英語の超効率的勉強法 数学の超効率的勉強法 国語の超効率的勉強法 古文・漢文の超効率的勉強法 作文・意見文の最速上達法 理科の超効率的勉強法 社会の超効率的勉強法