英語学習戦略(3)英単語超速記憶法


このページでは、高校生が一番苦労する英単語の記憶法について、「120時間で2000ワードを暗記できる記憶法」を説明していきます。

1.英単語は早めに仕上げる

英単語は早めに覚えた方が良いので、できるだけ1年次から毎日30~60分かけて覚えていきます。
たいていの高校では単語集を毎週小テストしているので、単語集はその単語集を記憶していくことをオススメします。2冊並行して進めるのは非効率的だからです。

2.英単語記憶戦略を習得せよ

2.1.英単語は一気に覚える

大学入試用の英単語集はできるだけ一気に覚えます。ダラダラと半年かけて1周、などしていたのでは、最初の方はほとんど忘れてしまうからです。学校の小テストでは数ヶ月から1年近くかけて1冊終わらせますが、終わらせたからといっても、2000語のうち大半は忘れているか、曖昧なので、使える記憶にはなっていません。学校はあくまできっかけ、あとは自分で繰り返し記憶して定着させるしかありません。

2.2.自分の英単語記憶戦略を確立せよ

しかし、「記憶する、定着させる」と口で言うのは簡単ですが、ほとんどの高校生が、1回覚えてから、最終的に全部を忘れない記憶(長期記憶)として覚えるまでにどうすればよいか分からないので、悩んでいます。逆に言えば、早めに自分の英単語記憶戦略を確立したら、俄然有利になることは間違いありません。

当塾ではその、【1回何分間で、何ワードを、どうやって覚えて、それを次にいつ復習して、何回繰り返すのか】という英単語記憶戦略を教え、効果をあげています。その記憶戦略の中核になるのがクイック・レスポンス法(英単語超速記憶法)です。これを使えば、2000語なら、トータル120時間あれば全部覚えられます。毎日1時間であれば4ヶ月で、毎日30分であれば8ヶ月で覚えます。
詳しくは以下をご参照ください。

【2000英単語を4ヶ月120時間で記憶する方法】

3.英単語超速記憶法:2000英単語を4ヶ月120時間で暗記

3.1.クイック・レスポンス法(英単語記憶法)

クイック・レスポンス法は英語通訳が使っている英単語記憶法です。クイック・レスポンス法はもともと、国際会議用に一度に大量に記憶しなければならない英語通訳が使うものなので、一夜漬け的に短期記憶に入れる記憶法です。当塾ではこれを改良し、長期記憶にまで入れる復習プランを作っています。「音読で覚え、100ワードずつ、10~20回復習する」というスタイルで記憶します。

3.2.【英単語⇔日本語訳】の双方を「瞬間的に言える」状態にする

クイック・レスポンス法ですと、ただ覚えられるだけでなく、【英単語⇒日本語訳、日本語訳⇒英単語】の両方を【瞬間的に言える】状態にできます。瞬間的に言えるようになると、深い記憶(長期記憶)に入り、忘れにくくなります。また、読解やリスニングに出てきた英単語を瞬間的に理解できるようになり、速く読め、リスニングが楽になります。

クイック・レスポンス法は、聞くだけで覚えられるとか、右脳を使って、などのような幻想的でほとんどの人が記憶できない記憶法ではなく、科学的根拠に基づき、音読と一定の復習頻度により着実に長期記憶に入れていく効率的な記憶法です。

3.3.例文は参考程度、単語だけを一気に覚える

英単語を覚える時は、例文は音読したり覚えようとしたりはしないことをオススメします。使い方が分からない単語の例文を見たり、たまに音読するのはOKですが、例文を全て音読しようものなら、時間がかかりすぎ、いつまでたっても単語を覚えられません。完璧主義は避け、時間効率を重視する方が得策です。単語だけを一気に覚えます。

4.英単語集の使用順序

先にも書いたように、学校で使っている単語集を覚えていくのが賢明です。もし、それが合わない、学校指定の単語集がない場合は、自分のレベルと好みに合った単語集を選んで下さい。

4.1.大学入試基礎英単語1500語を90時間で暗記する

偏差値55以下の高校生、あるいは中学英単語に抜けがある場合は、そこを補いながら、高校基礎単語を記憶できる単語集がオススメです。このレベルはできるだけ1年生の時に終えたいところです。

「英単語ターゲット1400」(中学~センター試験対応)(旺文社)
(一番オーソドックスな形態の高校基礎英単語集。単語の羅列。覚えやすく忘れやすいので、徹底的な繰り返しが必要。オススメ。)

「システム英単語Basic」(駿台文庫)
(ミニマルフレーズ〔短い句〕で連語を暗記する。「ターゲット」より長い連語を覚えなければならないので、覚えるのは時間がかかるが、忘れにくい利点がある。オススメ。)

「データベース1700使える英単語・熟語」(桐原書店)
(ターゲット式に単語だけを覚える形式だが、英熟語も載っているのが利点。オススメ)

4.2.大学入試必須英単語2000語を120時間で暗記する

前段階を終えたら、もしくは偏差値60以上で中学英単語に抜けがあまりない高校生はここから始めます。この段階で使用する英単語集のオススメは以下のようなものです。このレベルはできるだけ2年生の時に終えたいところです。

「英単語ターゲット1900」(旺文社)
「システム英単語」(駿台文庫)
「データベース3000基本英単語・熟語」(桐原書店)

4.3.難関大学志望者は次の単語集へ

難関大学志望者は、これを終えたら、上級英単語集を覚えていくと良いでしょう。どの単語集がよいかは、大学によりますので、過去問や受験情報を参考にして、単語集を選びます。

「データベース4500完成英単語・熟語」(桐原書店)
「DUO3.0」(アイシーピー)

5.英熟語を一気に覚える方法

5.1.英熟語と英単語の覚え方の違い

英熟語も英単語の覚え方(クイック・レスポンス法)で短期間で覚えることができますが、両者には一つ大きな違いがあります。それは、英単語は単独で覚えても使えますが、英熟語の多くは文かフレーズの形で覚えないと使いにくい点です。

<例>
・単独で覚えても大丈夫な熟語:
at times(時々)、more or less (だいたい)

・フレーズか文で覚える必要のある熟語:
~ to come (これから来る~)⇒for years to come (今後数年間)というフレーズで覚える
something of a ~(ちょっとした~)⇒something of a necessity (ちょっとした必需品)というフレーズの形で覚える

・文で覚える必要のある熟語(構文):

no sooner A than B (AするとすぐにBが起こる)⇒No sooner had she come home than it started to rain.(彼女が家に帰るとすぐに雨が降りだした。)という文の形で覚える。

できるだけ短い表現で覚えた方が効率が良いので、単独で覚えても大丈夫な熟語は単独で、フレーズで大丈夫な熟語はフレーズで、文で覚える必要のある熟語は文ごと暗記します。よって、当塾で熟語の記憶指導をするときは、瞬間英作文(文ごと暗記)と、クイック・レスポンス法(熟語単独とフレーズ暗記)を併用します。

5.2.大学入試必須英熟語1000語を120時間で暗記する

大学受験に必要な英熟語の数は、1000前後です。1000英熟語なら、瞬間英作文とクイック・レスポンス法を使えば、120時間前後で覚えることができます。例文を即座に訳せるようにし、かつ、例文を「日本語から英語に瞬間的に訳せるようにする」だけなら、60時間で、プラス60時間で、熟語単独の意味を覚えます。

5.3.英熟語集の使用順序

1~2年のうちは、単語を覚えるのに時間を取られて、熟語まで手が回る人は少ないので、熟語集はせいぜい1冊を覚えるか、単熟語集を使うと良いでしょう。時期的には、「英単語ターゲット1900」などの受験レベル英単語集を終えた2年後半から3年になってから覚え始める生徒が多いでしょう。

「データベース3000基本英単語・熟語」(桐原書店)
「DUO3.0」(アイシーピー)
「英熟語ターゲット1000」(旺文社)

オススメは「DUO3.0」です。「DUO3.0」は例文圧縮型英単語熟語集の代表格です。内容が濃い(英単語熟語2600を覚える)ので、最初の英単語集として使うと挫折しやすいのでオススメしませんが、「英単語ターゲット1900」などの受験レベル英単語集を終えた人には、「DUO3.0」が最適です。

その理由は、熟語は例文やフレーズの形で覚える必要があり、「DUO3.0」は例文ごと覚えることが前提とされていること、他の熟語集は例文ごと覚えようとすると、1000の英熟語に対して1000の例文を覚える必要があるが、「DUO3.0」は560の例文で1000の英熟語と1600の英単語を覚えることができること、熟語を覚えながら単語の復習ができること、例文を大量に(560本)覚えることで英作文や文法問題、読解、リスニング対策も兼ねることができること、瞬間英作文を使えば560本の例文を比較的短時間で(例文記憶だけなら60時間)完全に記憶することができること、などです。

6.過去問・問題集に出てきた未知語の扱い方

問題集や過去問をやっていると、当然知らない単語・熟語が出てきます。これを単語帳に書き写して覚えようとする人もいるでしょうが、これは受験用英単語集・英熟語集を覚えた後にします。両方を覚える時間は通常高校生にはないので、どっちつかずになりかねません。単語集を覚え切るまでは、問題集の英文を口頭和訳と音読していけば良いでしょう。口頭和訳と音読で「英単語・英熟語⇒日本語訳」はだいたい覚えられます。
ただし、教科書に出てきた未知語はテスト用に、きちんと覚えていきます。

以上、英単語の覚え方について述べました。個々までお読みいただきありがとうございました。


お問い合わせ・無料体験お申し込み

メルマガ登録(完全無料)

99%が知らない
合格する勉強法&記憶法
メールアドレス

お名前(仮名でも可)

高校生の超効率的勉強法&記憶法

高校生の定期テスト満点戦略 高校生の超効率的英語勉強法 高校生の5教科勉強法 高校生の超効率的数学勉強法 高校生の現代文勉強法 高校生の小論文上達法 高校生の超効率的古文勉強法 高校生の超効率的漢文勉強法 高校生の超効率的日本史記憶法 高校生の超効率的世界史記憶法

中学生の超効率的勉強法&記憶法

中学生の定期テスト満点戦略 中学生の英語勉強法&記憶法 中学生の数学超効率的勉強法 中学生の国語勉強法 作文&小論文の最短上達法 中学生の社会勉強法